ここから本文です

チェルシー、伊代表のボヌッチとカンドレーヴァ獲得へ…コンテ氏が熱望

SOCCER KING 6月22日(水)18時13分配信

 チェルシーがユヴェントスのイタリア代表DFレオナルド・ボヌッチと、ラツィオに所属するイタリア代表MFアントニオ・カンドレーヴァの獲得に動いていることが明らかになった。21日付のイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 同紙によると、チェルシーがボヌッチとカンドレーヴァの獲得に迫っている模様。同クラブは来シーズンから現イタリア代表指揮官を務めるアントニオ・コンテ氏の監督就任が決定しており、同監督が2名の加入を強く望んでいるという。

 チェルシーはボヌッチ獲得に際し、ユヴェントス側へ4150万ユーロ(約48億5000万円)を提示。これにより、同選手に関心を示していたマンチェスター・Uとの争奪戦を制したようだ。ボヌッチ自身に対しては、週給17万ユーロ(約2000万円)の3年契約を提示し、受け入れられると見込まれている。

 一方、カンドレーヴァ獲得に関しては、3250万ユーロ(約38億円)を準備し、同選手獲得に1600万ユーロ(約19億円)を提示したとされるインテルの金額を上回った。

 イタリア人選手2名の獲得に7400万ユーロ(約86億5000万円)を用意したこととなるチェルシー。現在開催されているユーロ2016でのパフォーマンスも移籍交渉の判断材料になるようで、今後の展開に注目が集まる。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)18時25分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。