ここから本文です

“キングカズ会”に代表戦士集結…長友「カズさんはいつまでもヒーロー」

SOCCER KING 6月22日(水)15時41分配信

 インテルに所属する日本代表DF長友佑都が22日、自身のツイッターを更新。横浜FCのFW三浦知良らと対面し、“キングカズ会”を行ったことを明かした。

 長友は「昨日はキングカズ会でした!お会いした瞬間、アモーレと迎えて頂きました。笑」と、三浦と対面したことを報告。掲載された写真には三浦と長友のほか、フランクフルトの日本代表MF長谷部誠やハンブルガーSVの同DF酒井高徳、シャルケDF内田篤人が笑顔で写っている。

 そして長友は「いつまでも僕たちのヒーローのカズさんはオーラが半端なく、かっこよすぎました。自分も刺激を受け、まだまだ頑張ろうという気持ちになりました」と綴っている。

 長友は今月7日に行われたキリンカップサッカー2016決勝のボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表戦で国際Aマッチ通算90試合出場を果たし、三浦の記録を上回った。そして三浦は19日に行われた明治安田生命J2リーグ第19節のFC岐阜戦で先制ゴールを決め、自身の持つJリーグ最年長ゴール記録を49歳3カ月24日に更新。活躍を続ける“ヒーロー”との対面で、長友は大いに刺激を受けたようだ。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)15時41分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。