ここから本文です

看板と激突して落下…ラベッシがひじ骨折で手術か、コパ決勝欠場へ

SOCCER KING 6月22日(水)17時0分配信

 21日に行われたコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準決勝で、アルゼンチン代表がアメリカ代表に4-0と快勝。決勝進出を果たした。同試合の4分に先制ゴールを挙げたアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ(河北華夏)が負傷し、同大会決勝を欠場することが決定的となった。大手メディア『ESPN』など複数メディアが報じている。

 ラベッシは4分に先制ゴールを挙げ、50分にはFWゴンサロ・イグアイン(ナポリ)のチーム3点目を演出。好プレーを見せていたが、63分にアクシデントに見舞われた。左サイドでロングボールに反応した際、ピッチ外の広告ボードにぶつかって反対側へ転倒。頭から落下する格好となり、ストレッチャーで運び出されて途中交代を強いられた。

 報道によるとラベッシは左ひじを骨折した模様だ。手術が必要な大ケガで、決勝を欠場することが決定的となった。同選手は今大会で2試合に出場して2ゴールを挙げる活躍を見せていた。

 決勝は26日(日本時間27日)に行われ、アルゼンチン代表はコロンビア代表とチリ代表の勝者と対戦する。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)17時0分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。