ここから本文です

前回決勝の再戦…イニエスタ、イタリアを警戒「油断できない相手」

SOCCER KING 6月22日(水)20時32分配信

 21日に行われたユーロ2016・グループステージ第3節、グループDではスペイン代表がクロアチア代表に1-2と逆転負け。スペイン代表はグループ2位で決勝トーナメントに進み、1回戦でイタリア代表(グループE首位通過)と対戦することとなった。

 クロアチア代表戦を終えて決勝トーナメント1回戦の対戦相手が決まったことを受け、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(バルセロナ)が感想を語った。イタリアメディア『tuttomercatoweb.com』がコメントを伝えている。

 イニエスタは「クロアチア戦ではうまくいかなかったけど、落胆する必要はないよ。僕たちはスペインだ。自信を持っている。得点できる場面で決めることができなかったね。PKもそうだけど、決定機はそれだけではないよ。カウンターでやられてしまった」とコメント。DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)が失敗したPKについては「セルヒオが自信を持っていたから彼に任せたよ。これからはイタリア戦について考えていく」と話し、次戦への集中を強調した。

 スペイン代表はイタリア代表とユーロで3大会連続での対戦を迎えることとなる。2008年は準々決勝で対戦し、PK戦の末に勝利。2012年は決勝で激突し、4-0と圧勝した。

 イニエスタはイタリア代表の印象について「難しい相手で、とても良いプレーをしている。ボールをコントロールすることに優れていて、守備陣がとてもよく組織されているね。油断できない相手だ」と話し、警戒していることを明かした。

 イタリア代表とスペイン代表の決勝トーナメント1回戦は27日、サンドニで開催される。なお、イタリア代表のグループステージ第3節は22日、アイルランド代表との対戦が組まれている。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)20時43分

SOCCER KING

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。