ここから本文です

ハメスを襲うジレンマ…コロンビアがコパ躍進でバカンスはわずか2週間強

SOCCER KING 6月22日(水)21時37分配信

 コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016で準決勝進出を果たしたコロンビア代表だが、10番でキャプテンを務めるMFハメス・ロドリゲスには一つの悩みがあるようだ。コロンビア『エル・ティエンポ』紙の電子版が報じている。

 J・ロドリゲスが所属するレアル・マドリードは、2016-17シーズンのプレシーズンキャンプを7月15日にスタートさせる予定となっている。

 仮にコロンビアが決勝に進出した場合、決勝は6月26日に行われるため、移動などを除いてJ・ロドリゲスが完全休養に充てられる期間はわずか16日間。準決勝に敗れて25日の3位決定戦に回ったとしても、18日間しか休養を取ることができない。

 スペイン『アス』紙によると、コロンビアのプロ選手連盟とスペインサッカー連盟の間では連続21日以上の休暇を取ることが定められているそうで、今回のJ・ロドリゲスはこの協定を順守できないこととなる。

 2015-16シーズン開幕前、J・ロドリゲスはラファエル・ベニテス監督(当時)から早期のチーム合流を求められたが、これを拒否して29日間の休暇を取得。

 その結果、21日間の休暇でチームに合流したブラジル代表MFカゼミーロにポジションを奪われる事態となった。

 コパ・アメリカでの上位進出は嬉しい出来事だが、選手たちはそれだけ大きな負担を強いられることとなる。

SOCCER KING

最終更新:6月22日(水)21時37分

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。