ここから本文です

[EURO]ドイツ、首位突破決めるも支配率71%で1点止まり…初出場の北アイルランドが大健闘

ゲキサカ 6月22日(水)2時57分配信

[6.21 EURO C組第3節 北アイルランド0-1ドイツ パリ]

 EURO2016は21日、グループリーグ第3節を行い、ドイツ代表は北アイルランド代表と対戦し、1-0で勝った。今大会初先発のFWマリオ・ゴメスが決勝点。守備陣も3試合連続の無失点に抑え、2勝1分の勝ち点7でC組首位突破を決めた。

 ドイツは16日のポーランド戦(0-0)から先発2人を変更。1トップでゴメス、右サイドバックでDFジョシュア・キミッヒが今大会初スタメンを飾り、再三のチャンスに絡んだ。前半8分、キミッヒの縦パスをMFメスト・エジルがワンタッチで流し、MFトーマス・ミュラーがゴール前に抜け出したが、左足のシュートはGKがセーブ。同27分にはキミッヒの右クロスにミュラーがダイビングヘッドで合わせたが、惜しくも右ポストを叩いた。

 序盤からボールポゼッションを高め、北アイルランドを押し込むドイツ。前半28分、エジルの縦パスをゴメスが流し、ミュラーがPA内に走り込むと、エリア内でボールをキープしたミュラーが相手GKを引き付けて後方に落とし、ゴメスが無人のゴールに蹴り込んだ。

 ゴメスの今大会初ゴールで先制したドイツは1点リードで折り返した後半も試合の主導権を握る。後半7分、キミッヒの右クロスをファーサイドのゲッツェが胸トラップから右足ボレーで狙うが、GKマイケル・マクガバーンが至近距離でセーブ。過去2戦は1トップを務め、この日は左サイドハーフで先発したゲッツェだったが、無得点のまま後半10分にMFアンドレ・シュールレと交代した。

 後半14分、MFサミ・ケディラの右足ミドルもGKが好セーブ。北アイルランドの体を張ったディフェンスを前に追加点が遠いドイツは後半24分にケディラに代えてMFバスティアン・シュバインシュタイガーを投入すると、同31分には累積警告1枚のDFイェロメ・ボアテングを下げ、DFベネディクト・ヘーベデスをピッチに送った。

 ドイツは後半37分、PA内右からキミッヒが左足でクロスを上げ、ファーサイドのゴメスが頭で叩き付けたが、これもGKマクガバーンが鋭い反応で弾き出す。守護神がビッグセーブを連発し、ドイツの猛攻を1失点に食い止めた北アイルランドだが、攻撃ではチャンスらしいチャンスをつくれないままタイムアップを迎えた。

 ボール支配率71%を記録しながら1得点にとどまったドイツだが、守備陣は3試合連続の無失点。1-0の完封勝利で2勝1分の勝ち点7に伸ばし、得失点差でポーランドを抑え、C組首位通過を決めた。ブラジルW杯王者相手に粘り強い戦いぶりを見せ、大健闘した初出場の北アイルランドは勝ち点3、得失点差±0で3位。グループリーグ突破は他のグループの結果待ちとなった。

最終更新:6月22日(水)3時2分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報