ここから本文です

クロアチア逆転劇の裏にモドリッチの助言…PK失敗のS・ラモス「彼は僕のことをよく知っている」

ゲキサカ 6月22日(水)12時55分配信

[6.21 EURO D組第3節 クロアチア2-1スペイン ボルドー]

 太もも痛で出番はなかったが、MFルカ・モドリッチが裏方としてクロアチア代表の逆転勝利に貢献した。

 EURO2016は21日、グループリーグ第3節でクロアチアとスペイン代表が対戦。前半7分に先制されたクロアチアだが、前半45分にMFイバン・ペリシッチが上げたクロスをFWニコラ・カリニッチが合わせ、同点とした。そして後半25分、DFシメ・ブルサリコのファウルでPKを献上。絶体絶命のピンチだったが、キッカーのDFセルヒオ・ラモスのシュートをGKダニエル・スバシッチが止めると、終了間際の後半42分にカウンターからペリシッチが決勝点を奪い、クロアチアが逆転勝利をおさめた。

 欧州サッカー連盟(UEFA)公式サイトによると、「逆転できてラッキーだったよ」と勝利を喜んだGKスバシッチは、「(PKの前にダリヨ・スルナが)こっそりアドバイスをくれたんだ。ルカ(・モドリッチ)が、待ってから右へ跳ぶように言ってたってね。その通りにやったら、うまくいったんだ」と、キッカーのS・ラモスとレアル・マドリーでチームメイトのモドリッチから助言があったことを明かした。

 勝ち越しのチャンスを逃したS・ラモスは、「(モドリッチが)待って右に跳ぶように言ってたらしいね。毎日一緒に練習しているから、彼は僕のことをとてもよく知っている。確かに、(GKが)ずっと動かなかったから直前に蹴る方向を変えてしまったんだ」と唇を噛んだ。

最終更新:6月22日(水)12時55分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。