ここから本文です

バルサ復帰はなし…ノリートがペップ・シティと3年契約で合意か

ゲキサカ 6月22日(水)13時40分配信

 セルタのスペイン代表FWノリート(29)がマンチェスター・シティ移籍で合意したようだ。スペイン『アス』が報じている。

 バルセロナに復帰するのではないかと噂されていたノリート。同紙によると、16-17シーズンからジョゼップ・グアルディオラ氏が指揮するシティが、1410万ポンド(約21億6000万円)に設定された契約解除金を支払う準備をしており、すでにクラブ間で合意に達した模様。契約は3年契約となるようだ。

 ノリートは10年10月、バルセロナでグアルディオラ監督のもとでリーガ・エスパニョーラデビューしていた。その後、ベンフィカやグラナダでプレーし、13年1月にセルタに移籍。今季は28試合で12ゴールをマークし、現在フランスで開催中のEURO2016に参加しているスペイン代表のメンバーにも名を連ねている。

最終更新:6月22日(水)13時40分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。