ここから本文です

大逆転勝利に吠えた!槙野&李「奇跡の瞬間を形に出来た」

ゲキサカ 6月22日(水)22時30分配信

[6.22 J1第1ステージ第13節 浦和 3-2 FC東京 埼玉]

 大逆転勝利にDF槙野智章が、FW李忠成が吠えた。

 FC東京とのJ1第1ステージ第13節に臨んだ浦和レッズは、前半だけで2点のリードを許す苦しい展開を強いられた。しかし後半21分に槙野が頭で押し込み反撃を開始。同27分には槙野が右足ミドルで同点弾。そして同33分にはMF阿部勇樹のミドルの跳ね返りを李が胸で押し込み、試合をひっくり返した。

 一時は首位に立っていた浦和だが、5月中旬から勝てないゲームを続け、ここ3試合は3連敗。前日21日には淵田敬三社長の署名入りの声明が出されるなど、“緊急事態”に陥っていた。

「無我夢中でしたね。元FWなので、得点感覚は持ってます」と得点の場面を誇らしげに振り返った槙野は、「目標は年間チャンピオン。ぶれないこと。いろんなこと、いろんな結果があると思いますけど、僕たちを信じて最後まで後押ししてください」と声を張り上げる。

 逆転弾を決めた李も「きょうこのスタジアムの中で、2点ビハインドで諦めていた人はいますか?僕たちは諦めていませんでした」とサポーターを盛り上げる。そして、「奇跡の瞬間を形に出来たことを、みんなとこの時間を共有できたことを幸せに思います」と白い歯をこぼした。

最終更新:6月22日(水)22時39分

ゲキサカ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。