ここから本文です

[U-16インターナショナルドリームカップ]U-16日本代表は主力CB不在の“緊急事態”も万能DF菅原がプラスアルファもたらす活躍

ゲキサカ 6月22日(水)23時11分配信

[6.22 U-16インターナショナルドリームカップ第1節 U-16日本代表 4-1 U-16ハンガリー代表 鳥取市営]

 U-16日本代表は今大会、CB瀬古歩夢(C大阪U-18)、CB小林友希(神戸U-18)という主力CB二人が不在という“緊急事態”。この日はこれまで主に右SBを務めてきた菅原由勢(名古屋U18)と186cmDF監物拓歩(清水ユース)が先発CBを務めたが、味方のハードワークという支えもあって相手をシュート2本(1失点はPK)に封じて見せた。

 菅原は「最近代表合宿ではいろいろなポジションやってきた中できょうはCBだったんですけど、(監督の)森山さんのサッカーとしてはどこであろうと関係ないと思っていました。必ず球際、攻防のところで負けないということを意識していましたし、チームのバランスを整えたり、後方で声出したり、チームの中心という自覚を持ってプレーしました」。その言葉通りに最終ラインでリーダーシップを発揮。主力不在の穴を埋めるだけでなく、特長も出してチームにプラスアルファを加えていた。

 この日先発ボランチの福岡慎平(京都U-18)が少ないタッチでボールを振り分け、喜田陽(C大阪U-18)が推進力のある動きで攻守に奮闘。菅原はその後方でパスの出しどころとなった。試合を通して正確な縦パスを通し、スペースへの配球という部分でも存在感ある動き。本人も「出せることが多かった。収穫は大きいです」と納得していたが、最終ラインでコントロールタワーの役割を見事に果たしていた。
 
 また守備面では後半33分、35分と相手のスピードあるサイド攻撃によって崩されかけたシーンがあったが、「常に頭の中にある」というリスク管理を欠かさず、味方のミスをカバー。攻め続けている展開の中でも隙を見せず、2点目を許さなかったこともチームの白星スタートに繋がった。

 この年代の主軸と言えども、気の緩みはない。「新しい選手が招集されてきて、どんどんみんな結果を残している。違いを出さないといけない」。周りの成長に負けないように、より自分を磨き、練習、試合で力を発揮してU-16代表にとって欠かさない存在となる。

最終更新:6月22日(水)23時11分

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]