ここから本文です

アストン、ヴァンキッシュザカートクーペを発表

carview! 6/22(水) 18:19配信

アストンマーティンは22日、イタリアのカロッツェリア ザカートとのコラボレーションから生まれた限定モデル「ヴァンキッシュ ザカートクーペ」を発表した。

【写真をもっと見る(8枚)】

ヴァンキッシュ ザカートクーペは、今年5月の伊コンクール デレガンス ヴィラ デステで発表された「ヴァンキッシュ ザガート コンセプト」の市販モデル。ヴィラ デステで顧客から好評を得たことから、99台限定でアストンマーティンの英ゲイドン工場で生産されることが決定した。

ヴァンキッシュ ザガートクーペは、アストンマーティン伝統の洗練されたデザインと優れた性能に、レースカーや高級スポーツカーの製作で培われたザガートのデザインディテールが加えられている。車体はフルカーボン製。

「アストンマーティン ヴァルカン」にも採用されたブレードタイプのLEDテールライトを用いつつ、クラシックザガートのデザイン要素を取り入れたリアビューや、アストンマーティンOne-77向けの部品を用いたミラーなど、2社の伝統を融合したスタイリングが随所に取り入れられている。

エンジンは6リッターV12を搭載し、最高出力600psを発生。0-60mph(96km/h)加速は3.5秒を誇る。

なお、アストンマーティンとザカートは、1960年にレーシングカーの「DB4 GTザカート」を送り出して以来、「V8ヴァンテージ ザガート」(1986)、「DB7ヴァンテージ ザガート」(2002)、「V12ヴァンテージ ザガート」(2011)を送り出してきた。今回のヴァンキッシュ ザガートはコラボレーション5作目となる。

株式会社カービュー

最終更新:6/22(水) 19:45

carview!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。