ここから本文です

大山志保が首痛で欠場 リオ五輪出場にも暗雲

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月23日(木)8時5分配信

国内女子ツアー「アース・モンダミンカップ」初日のスタート前、前日のプロアマ戦を首痛のため途中棄権した大山志保は、本戦出場を断念した。「スイングがまったくできない」と苦境を明かした。

今週は4日間大会!国内女子ツアーフォトギャラリー

3週間前の「ヨネックスレディス」を背中痛で欠場して以降、試合に出場していなかった大山は、これで5戦連続での不出場。「(2週間後の)全米女子オープンには間に合わせたいけど、今の状況が続くと厳しい。1カ月ほとんど練習できていない」と、次週木曜日に予定している渡米も今後の状況次第と話した。

リオデジャネイロ五輪の出場権争いで現在日本勢2番手につけており、このままの順位ならば五輪出場となるが、「それはまったく期待していない。体も元気でベストプレーできる人が行くべきだと思っている。今の私はベストプレーができないので、(次週)月曜日から練習できればアメリカに行くと思う」と、限られた日数で状況を見極めるつもりだ。(千葉県袖ヶ浦市/今岡涼太)

最終更新:6月23日(木)8時12分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]