ここから本文です

<タイトー>VRで観光情報発信 宮城・大崎のバーチャルトリップサイト開設

BizBuz 6月23日(木)17時51分配信

 タイトーは23日、宮城県大崎地域の観光名所をVR(バーチャル・リアリティー)を使った360度動画・画像で疑似体験できるバーチャルトリップサイト「アイラブオオサキ」を開設した。

【写真特集】360度の眺望も思いのまま

 大崎地域は、同県北部に位置し、大崎市や色麻、加美、涌谷、美里町の1市4町で構成された一大穀倉地帯で、鳴子温泉郷などで知られている。同サイトは、観光情報の発信などを目的に同社が同県や大崎地域1市4町(大崎市、色麻、加美、涌谷、美里町)と締結した「大崎地域の観光振興を目的とする相互連携に関する協定」に基づいて開設した。

 ページ上には、鳴子峡と箟峯寺を360度動画で、愛宕山公園と加護坊山山頂からの眺望を360度画像で紹介。360度動画はスマートフォンやタブレットの場合、YouTube公式アプリを使って見ると、端末を傾けたり回転させることであらゆる角度から景色が楽しめる。

最終更新:6月23日(木)17時57分

BizBuz

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]