ここから本文です

大阪に「世界初」免震構造採用の日本一高い観覧車誕生

THE PAGE 6/23(木) 21:23配信

場所はEXPO CITY内 全高123メートルは高さ日本一

大阪に「世界初」免震構造採用の日本一高い観覧車誕生 THEPAGE大阪 EXPO CITY レポーター:岡本ゆか 編集:柳曽文隆

 免震の観覧車は世界初──。大阪府吹田市にある大型複合施設「EXPO CITY」内に巨大な観覧車が誕生した。その名は「RED HORSE OSAKA WHEEL(レッドホースオオサカホイール)」で、全高123メートルは高さ日本一だという。また、世界初の免震構造を採用しており、7月1日のオープン後は、多くの人でにぎわうことが予想される。23日夜に行われたプレス内覧会で実際に乗ってみた。

【拡大写真と地図】色鮮やかに点灯する観覧車。日本一の高さ123メートルを誇り、世界初の免震構造だ

免震は震災を経験した地域だからこそ

 観覧車を運営・管理するフェリスウィールインベストメントによると、この観覧車は日本一の高さを誇るが、世界でも5番目の高さ(同社調べ)となる予定だという。

 また、免震を採用した理由としては、1995年1月17日に発生した阪神淡路大震災を経験した地域だからこそ、万全の安全対策を講じたという。

ゴンドラは72基 所要時間は18分

 この観覧車の特徴としては、全ゴンドラが座席シート以外の床面がシースルーとなっているため、下を見ると「空中に浮かぶ」感覚が味わえるという。

 また、冷暖房完備でシート幅も広いため、ゆっくりくつろげる。2基限定の「VIPゴンドラ」ではレザー座席シートやLEDライトを搭載するなど、豪華な仕上がりとなっている。

 ゴンドラの台数は合わせて72基(うちVIPゴンドラ2基)で、定員は1基あたり6人(同ゴンドラは4人)。所要時間は約18分。当日チケットは1人1000円となっている。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.80656907887243&lon=135.534761532016&z=16

最終更新:6/24(金) 8:57

THE PAGE

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。