ここから本文です

古城公園で野外ジャズ 高岡の有志が10月初開催

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 6月23日(木)10時36分配信

 高岡市の住民有志らでつくる実行委員会が10月10日、同市古城の高岡古城公園で音楽イベント「高岡古城公園ジャズ・パーク」を初めて開く。園内4カ所に設ける野外ステージを来場者に巡ってもらい、歴史と自然が調和する同園の魅力に触れてもらう。

 実行委代表の中山安治さん(65)=同市清水町=は高岡古城ライオンズクラブのメンバーで、高岡古城公園の環境美化に長年取り組んでいる。市民に石垣や水堀などの史跡としての価値を伝えるとともに、憩いの場として親しんでもらおうと、今回のイベントを企画した。

 ステージは市民会館前、本丸広場、小竹藪、市博物館屋上に設置。県内外のアマチュアバンド16団体が出演し、正午から午後4時まで演奏を繰り広げる。入場無料。夜は市民会館で有料のコンサートを開き、ドラムの竹内武さん(高岡市出身、東京在住)、ドラムの猪俣猛さん(東京)、ボーカルの濱明子さん(金沢)らが出演する。

 22日は実行委メンバーが高岡市清水町のなかやす酒販で初めて準備委員会を開き、チラシの作成や協賛企業の募集などを話し合った。中山さんは「緑豊かな古城公園に響き渡るジャズを楽しんでほしい」と話す。問い合わせは中山さん、電話090(2036)0030。

最終更新:6月23日(木)10時36分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ