ここから本文です

ビョーク、VR展示会開催前日に世界初イベントを緊急開催

M-ON!Press(エムオンプレス) 6月23日(木)7時6分配信

6月29日~7月18日に、日本科学未来館でVR展示会『Bjork Digital-音楽のVR・18日間の実験』の開催が決定しており、6月29・30日には本人出演のオープニングDJイベントも決定しているビョーク。

【詳細】他の写真はこちら

このたび、展示会のプレイベントとして、6月28日に、本人が1曲生歌唱をする360度VRリアルタイムストリーミング『Making of Bjork Digital』の公開収録イベント&トークショーの開催が緊急決定。また、同時に公開収録として、380名限定のスペシャルイベント(チケット制)も開催することが発表された。

本イベントは、最新スタジオ・アルバム『ヴァルニキュラ』収録の楽曲「クイックサンド」をテーマに、360度VR映像でライブストリーミングするという、世界初の試みとなる実験シューティングイベント。

日本科学未来館の世界初の地球ディプレイ「ジオ・コスモス」を背景に、ビョークが「クイックサンド」を生歌唱し、MITメディアラボのネリ・オックスマン教授とMEDIATED MATTER GROUP制作のマスクと、Dentsu Lab Tokyo、ライゾマティクスリサーチの開発したAR/VR演出技術とP.I.C.S.の映像制作協力によるチームが、最新テクノロジーを駆使した演出のコラボレーションにより、ビョークのパフォーマンスをこれまでにない表現に作り上げ、パフォーマンスの模様が世界初の360度VR映像リアルタイムストリーミングで生配信される予定となっている。

加えて、日本科学未来館の常設展示「ジオ・プリズム」でも用いられたマルチカメラなどによる演出技術や、有機ELパネルによる高解像度4K映像をリアルタイム出力できる球形の地球ディスプレイ「ジオ・コスモス」とのコラボレーションにより、本パフォーマンスはテクノロジーと音楽体験の融合の可能性を追求する実験の場となる予定だ。

さらに、パフォーマンス後には、ビョークと、内田まほろ(日本科学未来館)、菅野薫(Dentsu Lab Tokyo)、制作に携わったディレクター陣によるスペシャルトークショーを開催。制作秘話やテクノロジーとクリエイティブの可能性などのトークを繰り広げる予定だ。ビョークが日本でトークショーを行うのは今回が初となる。

ビョークの生パフォーマンスが観られることはもちろん、世界的に活躍する日本のトップクリエイターたちによる、世界初の実験シューティングイベントに立ち会えるという超貴重な機会。要チェックだ。

また、今回の一連のイベント開催に伴うビョークの緊急来日を記念し、7月13日にライブアルバム『ヴァルニキュラ:ライヴ』の日本先行発売が決定。2015年3月から8月にかけて、最新アルバム『ヴァルニキュラ』を引っ提げて敢行されるも惜しくも途中で突如中止となってしまった“幻”の『ヴァルニキュラ・ツアー』より、ビョーク本人が厳選&ミックスを手がけたライブ音源を収録した、ファンにとってうれしい作品に仕上がっている。

※Bjorkの「o」はウムラウト付きが正式表記

リリース情報
2016.07.13 ON SALE
ALBUM『ヴァルニキュラ:ライヴ』

『Making of Bjork Digital』公開収録イベント&トークショーの詳細はこちら
http://www.miraikan.jst.go.jp/exhibition/bjorkdigital.html

生配信サイトはこちら
http://dentsulab.tokyo/events/20160628/

ビョーク OFFICIAL WEBSITE
http://www.sonymusic.co.jp/artist/bjork/

※Bjorkの「o」はウムラウト付きが正式表記

最終更新:6月23日(木)7時6分

M-ON!Press(エムオンプレス)