ここから本文です

オジュウチョウサン、東京ジャンプS厩舎情報/美浦トレセンニュース

netkeiba.com 6月23日(木)19時0分配信

 今年の中山グランドジャンプに優勝してJ・GI馬となったオジュウチョウサン(牡5・美浦・和田正一郎)が、東京ジャンプS(J・GIII、3110m)に出走してくる。管理する和田調教師に、同馬について話を聞いた。

「前走の中山GJは調整も競馬もうまくいきました。2着の馬が止まったところで、この馬が伸びて交わしてくれました。展開も向きましたし、ジョッキーも上手に乗ってくれました。それがあの結果につながってくれたと思います。

 前走後は放牧に出して、しっかりと疲れを取りました。その分、乗り出した当初はゆるく感じるところもありましたが、今はシャキッとしていますし、息遣いも良いです。今週の追い切りも前向きさのある動きでしたし、良い状態ですね。

 昨年のこのレースは4着でしたが、当時より力はつけています。無理せずに良い位置で競馬ができるようになりましたし、前向きなったあたりに成長を感じます。東京コースも向いていますが、速い馬もいるでしょうし、それらの馬にどれだけ食らいついていけるかだと思います」

(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:6月23日(木)19時0分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。