ここから本文です

ウミガメのクラッシュが再登場! 『ファインディング・ドリー』新映像公開

ぴあ映画生活 6月23日(木)18時8分配信

ディズニー/ピクサーの新作映画『ファインディング・ドリー』にウミガメのクラッシュが再登場していることが明らかになり、本編映像の一部が公開になった。

『ファインディング・ドリー』/新映像公開

『ファインディング・ニモ』では、カクレクマノミの父マーリンが、行方不明になってしまった息子ニモを探して大冒険を繰り広げる姿が描かれたが、新作はニモの親友ドリーが幼い頃にはなればなれになってしまった家族に出会うために、旅立ち、人間の世界を舞台に冒険するドラマが描かれる。

公開になったのは、ドリー、マーリン、ニモがクラッシュたちにつかまって、海流に乗り、カリフォルニアを目指す場面。ドリーの親がどこにいるのかはいまだに不明だが、忘れんぼうのドリーはなぜか“カリフォルニアの宝石”というフレーズを思い出したため、オーストラリアのグレートバリアリーフから、カリフォルニアに向けて移動する。

大きな甲羅と豪快なキャラクターで知られるクラッシュと子どもたちは、『ニモ』でも人気を集めるキャラクターで、クラッシュと会話ができる東京ディズニーシーのアトラクション“タートル・トーク”には連日、多くの人々が集まり、クラッシュと一緒にヒレをあげて楽しんでいる。本作でもオリジナル版はアンドリュー・スタントン監督が、日本語版では小山力也がクラッシュの声を演じている。

『ファインディング・ドリー』
7月16日(土) 全国ロードショー

最終更新:6月23日(木)18時8分

ぴあ映画生活

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。