ここから本文です

【K-1】木村ミノル「めちゃいい感じに仕上がった」ボディを披露

イーファイト 6月23日(木)17時32分配信

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg世界最強決定トーナメント~』の計量&前日会見が、23日(木)都内にて行われた。計量は全選手が一発でクリアーした。

【フォト】キレまくっている木村のボディ

 K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメント・リザーブファイトで対戦する木村“フィリップ”ミノル(Fighting Kairos/マイウェイジム) は64.7kg、第3代Krush -65kg級王者NOMAN(DTS GYM)は64.9kgでそれぞれリミットを下回って計量をクリアー。

 4連勝から一転、2連敗を喫している木村は、「けっこう減量がキツかったけれど、めちゃいい感じに仕上がりました」と言うだけあって、筋骨隆々の素晴らしい肉体を計量で披露。何度もマッスルポーズを作ってアピールした。

 続いて行われた会見では、NOMANが「明日の大方の予想は木村選手が勝つと思っているでしょうが、挑戦して僕が勝ちたいと思います」と番狂わせを狙うと挨拶すれば、木村は「YESMAN選手は図太いと思いますが、最終的にはいい形でKO出来ればと思います」と、わざと名前を言い間違えてのKO宣言。

 とにかく調子がいいという木村は、「今までは精神的な未熟さもあってメンタルバランスが乱れていました。でも今回はいいメンタルバランスが作れてきた。過去2試合の対策や追い込みなどの(成果の)全てを今回出したい。調子いいので早く試合がしたくてたまらないです」と、過去2試合(ゲーオと野杁にKO負け)で積み重ねてきたものを全てぶつけたいという。

 今回はリザーブファイトとして行われるため、トーナメントに途中欠場者が出ない限りはワンマッチで終わってしまう。それについて両者は「目の前の試合に勝たないと次につながらない。木村選手に勝つことしか考えていない」(NOMAN)、「どう意識しても未来は変わらない。その時その時で対応します。NOMAN選手と3Rフルで殴り合う試合をしたとしても、何があってもいいようにどしっと構えているつもりです」(木村)と、それぞれ語った。

最終更新:6月23日(木)17時32分

イーファイト