ここから本文です

【K-1】山崎秀晃「地獄の淵から帰って来た」

イーファイト 6月23日(木)22時23分配信

 6月24日(金)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される『K-1 WORLD GP 2016 ~-65kg世界最強決定トーナメント~』の計量&前日会見が、23日(木)都内にて行われた。

【フォト】山崎と1回戦で対戦するレニタ

 K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメントに出場する8名は、全員が計量を一発でクリアー。山崎秀晃、スタニスラブ・レニタ、イリアス・ブライド、野杁正明の4名はいずれもリミットちょうどの-65.0kgでパス。クリス・マセーリは64.3kg、マサロ・グランダーは64.7kg、ゲーオ・ウィラサクレックとHIROYAは64.8kgだった。

 会見に登壇した前田憲作K-1プロデューサーによれば、「これまでの中で最も早くチケットが完売、札止めとなりました」とのことで今大会への注目度の高さがうかがえる。トーナメント優勝者には、K-1 WORLD GP 2016 -65kg王者ゲーオ・ウィラサクレック(タイ)へのタイトル挑戦権が与えられることも改めて発表された。

 8選手はそれぞれ、以下のように意気込みを語っている。

スタニスラブ・レニタ(モルドバ/Lion Club/KOK世界-65kg王者)
「素晴らしいトーナメントに呼んでいただき光栄です。仕上がりは最高です。よい試合を見せてファンを増やしたい」

山崎秀晃(K-1ジム・チームドラゴン/K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント優勝、第4代Krush -63kg王者)
「地獄の淵から帰って来ました。明日は全て勝ちます。ゲーオ最強説を必ず崩します。必ず優勝します」

クリス・マセーリ(アメリカ/Stockade Muaythai/USMTA -65kg王者、TAKE ON Muaythai -65kg王者)
「明日は勝ってトロフィーを持って帰りたい」

イリアス・ブライド(モロッコ/Fighting Talents/Enfusion世界-67kg王者)
「ここに戻ってこれて嬉しい。この日を1カ月以上待った」

野杁正明(K-1ジム EBISU小比類巻道場/K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント準優勝、第2代Krush -67kg王者)
「調子は凄くいいです。これだけ過酷なトーナメントなので優勝はトロフィーじゃなくてベルトが欲しかった。でも、優勝してゲーオに挑戦出来たらいいと思います。日本人の強さを見せ付けて、最終的には僕のトーナメントだったと言わせたい」

マサロ・グランダー(オランダ/Mike's Gym/W5インターコンチネンタル-71kg王者)
「僕が笑顔でいるということは、僕がどういう心境か分かると思います。明日の試合を見てください」

HIROYA(TRY HARD GYM/初代Krush -65kg王者)
「最高の状態でこの日を迎えることが出来て明日が楽しみです。1回戦のことしか考えていません。王者ゲーオを相手に自分がどれだけ見せられるか楽しみにしていてください」

ゲーオ・ウィラサクレック(タイ/K-1 WORLD GP -65kg王者)
「全力で戦って勝つだけです。最後の試合で、山崎選手お会いましょう」

最終更新:6月23日(木)22時23分

イーファイト