ここから本文です

ハナショウブ競う 新発田・五十公野公園 30日まで「まつり」

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ 6月23日(木)14時14分配信

 日本四大あやめ園の一つとされる、新発田市の五十公野公園あやめ園で、ハナショウブが咲き誇っている。22日には、紫や白など落ち着いた色合いの大輪に癒やしを求め、花々を縫うように小道を散策する市民や観光客の姿が見られた。

 あやめ園では、約1・8ヘクタールの敷地に、300品種60万本のハナショウブなどが順々に開花し、咲き競う。市観光協会によると、今週末には満開となり、今月いっぱいが見頃という。新潟市中央区の男性(91)は「絶妙の曇り加減で、映える写真が撮れそう」と言いながら、愛用のフィルムカメラのシャッターを切っていた。

 園内では、恒例の「しばたあやめまつり」も30日まで開催中。25、26の両日は、月岡芸妓(げいぎ)や地元のゴスペルグループらによるステージイベントが開かれる。午後6時~9時には、ライトアップもされている。

 問い合わせは市観光協会、0254(26)6789。

最終更新:6月23日(木)14時14分

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ