ここから本文です

金曲奨ノミネートの歌手ら3人、ロンドンでライブ 台湾音楽の魅力伝える

中央社フォーカス台湾 6/23(木) 15:05配信

(台北 23日 中央社)歌手ペギー・シュー(許哲珮)やスミン(舒米恩)、ミス・コー(葛仲珊)の3人は現地時間21日、英ロンドンのライブハウスで開催された文化部影視及流行音楽産業局主催のイベント「Taiwan Beats」(台湾之夜音楽会)でパフォーマンスを披露し、特色のある音楽スタイルで、台湾アーティストの情熱と魅力を現地の観客に伝えた。

同イベントは、英国で22日から26日まで開かれる大規模ロックフェスティバル「グラストンベリー・フェスティバル」に先駆けて開催された。3人の歌手は同フェスにも参加する。台湾の歌手は2014年から毎年同フェスに出演している。ペギーとスミンは、25日に授賞式が行われる音楽賞「第27回ゴールデン・メロディー・アワード」(金曲奨)にノミネートされている。

この日のライブでは、ペギーは名曲の「気球」を披露。甘い歌声で観客を魅了した。スミンは自身のルーツである台湾原住民(先住民)アミ族の伝統衣装をまとって登場。金曲奨の最優秀楽曲賞にノミネートされている「不要放棄」などを歌い上げ、先住民の多彩な才能を見せつけた。トリを務めたコーは、DJやラップ歌手、ドラマーを従えてパワフルなパフォーマンスを披露し、会場を盛り上げた。

スミンはライブ前日の20日にも伝統衣装姿でロンドンの街中を歩き、多くの人の注目を集めた。どこから来たのか尋ねたり、写真撮影を要求したりする人も現れ、台湾の宣伝に一役買った。

(編集:名切千絵)

最終更新:6/23(木) 15:05

中央社フォーカス台湾