ここから本文です

「Wonder Girls」、自作曲がタイトル曲に…ソンミ&ヘリムが手掛ける

WoW!Korea 6月23日(木)9時40分配信

韓国ガールズグループ「Wonder Girls」がメンバーたち制作の楽曲でカムバックする。

Wonder Girlsのプロフィールと写真

 来る7月5日に発売される「Wonder Girls」のニューシングル「Why so lonely」には、同名のタイトル曲と「美しいあなたへ」、「Sweet&Easy」の3曲が収録された。

 「Wonder Girls」はデビュー10周年を迎え、JYPエンターテインメント代表パク・チニョンが手掛けたものではなく、自作曲をタイトル曲として初めて掲げた。

 タイトル曲「Why so lonely」は「Wonder Girls」が初めて試みるレゲエ・ポップジャンルの作品で、ソンミとヘリム、作曲家ホン・ジサンが共同作曲した。中毒性のあるギターのリープと多彩なリズムの変化による雰囲気の転換が魅力的な歌だ。

 「Wonder Girls」のメンバーは別の収録曲2曲の作詞・作曲にも参加し、音楽的能力を発揮した。「美しいあなたへ」はソンミ、ユビン、ヘリムとFrantsが作詞・作曲し、70年代のバンドサウンドを生かした。「Sweet&Easy」はイェウンとユビンが作詞し、イェウン、ユビン、ホン・ジサンが作曲したポップロックジャンルの楽曲だ。

最終更新:6月23日(木)9時40分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。