ここから本文です

23パットで6バーディ 葭葉ルミ“足元を見て”今季初の首位スタート

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO) 6月23日(木)20時33分配信

「今日は100点」と振り返ったのは、「アース・モンダミンカップ」初日に6バーディ(ノーボギー)で今季初の首位発進を決めた葭葉ルミ。今年3月の「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」で右くるぶし上部の「右腓骨遠位端」を骨折し、4月末の「サイバーエージェントレディス」まで公傷が適用され欠場した。今大会が今季11試合目の出場となる。

【画像】葭葉ルミの笑顔をごぞんじですか?

スタート前は「今日はどうなっちゃうんだろう」という空模様だったが、1番、2番、3番としぶとくパーセーブを続けると、4番(パー3)からは4連続バーディ奪取。後半も2バーディを追加して計23パットに抑え、「入れたいと思ったパットが全部入った」と笑顔を見せた。

前半途中からは雨もやんだが「ショットの感じが良かったので、着ていた方が良いと思った」と、レインウェアは脱がなかった。後半は雲間から太陽も顔を出し「暑かった」というが、それでも黒いナイキのレインウェアを着続けた。

今季から日本の女子プロとして初めて、米国ナイキ本社とグローバル契約を結んだばかり。くしくも、密かにナイキスタッフが契約前の葭葉の視察に訪れたのは1年前のこの大会。その2週間後の海外メジャー「全米女子オープン」で14位タイに入る活躍を見せ、米国本社の背中を押した。

「のちのち米ツアーという気持ちは強くなったけど、まずは日本で成績を残してから」と葭葉は言う。ケガから復帰して「足元を見て歩かなきゃいけないと思った」と、今は地に足を着けることを意識している。今季初の首位発進にも「明日、どういう気持ちでやればいいか、落ち着いてチームで相談して考えます」と、堅実さをアピールした。(千葉県袖ヶ浦市/今岡涼太)

最終更新:6月23日(木)20時33分

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。