ここから本文です

震災・原発事故アーカイブ拠点 双葉町長が県に要望

福島民報 6月23日(木)9時53分配信

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の記録や教訓を後世に伝えるアーカイブ(記録庫)拠点施設について福島県双葉町の伊沢史朗町長は22日、同町の中野地区復興産業拠点へ整備するよう県に要望した。
 災害、復興の教訓などを伝える施設として深刻な被害を受けた町内への整備を求めている。にぎわいを創出し、復興に向けて施設が必要と説明した。内堀雅雄知事は「しっかりと受け止めて検討したい」と述べた。
 福島県は27日、アーカイブ施設の基本構想策定に関する検討会議を設置する。

福島民報社

最終更新:6月23日(木)10時41分

福島民報