ここから本文です

民家のトイレタンクにヘビ…消防隊が捕獲 けが人なし/台湾・嘉義

中央社フォーカス台湾 6月23日(木)18時53分配信

(嘉義 23日 中央社)嘉義市内の民家で22日午前、トイレタンクの中から1匹のヘビが頭を出しているのをこの家に住む女性(80)が見つけ、通報で駆けつけた消防隊員が捕獲する騒ぎがあった。けが人はいなかった。

嘉義市消防局によると、ヘビはカサントウと呼ばれる種類で、毒は持っていないが、体長が2メートル以上に及ぶ個体もあるという。専用の器具とかごを使って捕まえた。

無事ヘビが捕獲されると、女性はほっと一息。「これでやっと安心してトイレが使える」。

(江俊亮/編集:齊藤啓介)

最終更新:6月23日(木)18時53分

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。