ここから本文です

Pioneerから小型コンパクトフロントスピーカーが新登場

CDジャーナル 6月23日(木)17時2分配信

 オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパン株式会社が、「Pioneer」ブランドからテレビ周りでのセッティングの自由度を高めたコンパクトなフロントスピーカーシステム「HTP-CS1」(オープン価格 45,000円前後)を新発売。

 本システムは、従来の“バータイプスピーカー”ではなく、フロントスピーカーとサブウーファーを分離することで設置度を飛躍的に向上させたというパイオニア独自の新提案“セパレートサウンドバーコンセプト”に基づくスピーカーシステム。2本の小型フロントスピーカーとハイパワーアンプを内蔵したサブウーファーによる2.1ch構成となっています。

 小型スピーカーはテレビの両脇や直下などに設置し、縦横どちらにも置ける仕様となっているサブウーファーは、無指向性のためテレビ台の横やラックの中など、テレビ周りならどこにでも置くことが可能。ケーブル類も目立たずに配線でき、様々なタイプのテレビとのセッティングを可能にしています。音質面では長年に亘る音響製品の開発で得た技術力とノウハウを背景に最適な音質チューニングが施されており、高域から低域までバランスの良い再生を実現。スマートフォンやBluetooth対応機器との接続でワイヤレス再生も可能です。

最終更新:6月23日(木)17時2分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。