ここから本文です

『スパロボ』ファンが語る、作品の魅力とは……? 『スーパーロボット大戦』シリーズファン意識調査!

ファミ通.com 6月23日(木)12時2分配信

●『スパロボ』ファンの共感、違和感、多彩な意見がここに集結!
 『スーパーロボット大戦』25周年を記念し、ファミ通.comで実施された『スパロボ』シリーズにちなんだ大型アンケートの結果を発表! 好きなロボットやキャラクターといった、基本的な嗜好の傾向から、“『スパロボ』シリーズあるある”ネタまで、さまざまなお題への回答から、『スパロボ』ファンの熱き“想い”が垣間見えるぞ。(アンケート実施期間:5月19日~5月22日、有効回答数1340件)

■Q1 初めてプレイした『スパロボ』は?
 まずは、『スパロボ』にハマるきかっけとなった理由とその作品を調査。きっかけとしては、友人や家族など、周囲の人がプレイしているのを見てという声が圧倒的。1作目のゲームボーイ版『スーパーロボット大戦』から全作品プレイしている大ベテランも。

●『スーパーロボット大戦EX』(スーパーファミコン、プレイステーション)
・CMを見て興味を持った(30代/男性)
・『スパロボ』オリジナルロボットでいちばん好きな魔装機神が出ていたから(30代/男性)

●『スーパーロボット大戦OG オリジナルジェネレーションズ』(プレイステーション2)
・水谷優子さん演じるエクセレンが気になったから(20代/女性)

●『スーパーロボット大戦F』(セガサターン、プレイステーション)
・コミックアンソロジーを読んで(30代/男性)
・『新機動戦記ガンダムW』や『新世紀エヴァンゲリオン』が好きだったから(30代/女性)


■Q2 リメイクしてほしい『スパロボ』は?
 長い歴史を誇るシリーズだけに、現在のハード、技術でリメイクしてほしい作品も多いはず。その希望を聞いてみたところ、目立ったのはワンダースワンカラー版『スーパーロボット大戦COMPACT3』を挙げる声。『魔境伝説アクロバンチ』、『天空のエスカフローネ』、『ベターマン』など、この作品だけの参戦作が多いためか?

●『スーパーロボット大戦COMPACT3』(ワンダースワンカラー)
・これにしか参戦していない作品が多いうえに、名作(30代/男性)

『スーパーロボット大戦64』(ニンテンドウ 64)
・初めてのプレイが幼児期だったためクリアーできず、もう一度チャレンジしたいから(20代/男性)
・とてもすばらしい作品なので、多くの人にプレイしてもらいたいです(20代/女性)

●『スーパーロボット大戦α外伝』(プレイステーション)
・シナリオと戦闘デモはすばらしいが、最新の『スパロボ』に比べると操作にストレスがあるから(20代/男性)

■Q3 思い出深い『スパロボ』は?
 数ある『スパロボ』シリーズの中から、とくに思い出に残った作品を聞いた質問。全体的に“最初にプレイした『スパロボ』”を挙げる回答が目立った。タイトルの傾向は、やや『スパロボα』シリーズが多いものの、かなりバラつきがあり、シリーズの幅広さを感じさせる結果になった。

[2016年6月23日14時30分修正]
『スーパーロボット大戦α』のプラットフォームに、誤りがありましたので、訂正させていただきました。お詫びして修正します。

●『スーパーロボット大戦α』(プレイステーション)
・総決算的な参戦ラインアップ、スケールの大きな物語、目覚ましい進化を遂げた戦闘アニメーション、アストラナガン(30代/男性)
・世界観の再構成とそのスケール。年表まで作るその作り込み。クロスオーバーに溢れたストーリー。いまに至るまで何度もプレイした(20代/男性)

●『スーパーロボット大戦IMPACT』(プレイステーション2)
・キョウスケ、エクセレン、アルフィミィに出会えたから(30代/男性)
・100話という大ボリュームかつ魅力的なオリジナルキャラクター、そして難易度のバランスが最高(20代/男性)

●『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』(ドリームキャスト)
・発売までかなり待たされたけど、シリーズ初の3D戦闘シーンやDC版オリジナルシナリオやボスキャラ追加でかなり楽しめた(40代/男性)


■Q4 主人公の誕生日はどう決める?
 一部の作品は、主人公の誕生日を設定可能で、その設定次第で主人公の能力が決まる。寺田プロデューサーの誕生日(11月11日)なら、強力な能力が約束される!?

・デフォルト 38.9%
・自分(プレイヤー)の誕生日 30.5%
・寺田貴信プロデューサーの誕生日 21.2%
・その他 9.4%

●“その他”の意見
・攻略本を見て、能力がいい日に(30代/男性)
・好きな声優や他作品のキャラクターの誕生日(20代/男性) 
・夫、もしくは娘の誕生日(30代/女性)
・プレイ開始当日(30代/男性)


■Q5 主人公はスーパー系? リアル系?
 これも一部の作品で選択可能な、主人公の機体をパワーと装甲の“スーパー系”と、回避と射程の“リアル系”(例外もアリ)のどちらを選ぶかという質問。結果は接戦に!

・リアル系 48.9%
・スーパー系 40%
・その他 11.1%

●“その他”の意見
・何周もプレイするので両方とも(30代/男性)
・キャラクターと機体に惹かれるほう(20代/男性)
・友だちが選ばないほう(20代/男性)
・パイロットの性別で(30代/男性)


■Q6 印象に残ったステージは?
 原作の名場面を再現するだけでなく、オリジナルの展開も見どころの『スパロボ』。その中でも屈指の名場面、記憶に残るステージを挙げてもらった。感動的なシーンやシナリオのステージが挙がる中、強烈な難度や、強力すぎる敵に泣かされたステージを挙げる人も多かった。

●『スーパーロボット大戦α for Dreamcast』(ドリームキャスト)
・歌入りになってそれが延々と流れる“愛・おぼえていますか”(40代/女性)

●『スーパーロボット大戦W』(ニンテンドーDS)
・“静止した時の二人”。『スパロボ』で燃えたならいざ知らず、泣かされたのはこれが初めて!(20代/男性)

●『スーパーロボット大戦UX』(ニンテンドー3DS)
・“地上人のオーラ力”。ふつうにプレイすればなんてことのないタイトルが、条件を満たすと意味がまったく変わるという大胆な仕掛け、そして海と大地の狭間に飛翔したあの子が登場したときは、本当に涙が溢れました(20代/男性)

●『スーパーロボット大戦D』(ゲームボーイアドバンス)
・『Vガンダム』屈指の陰鬱なエピソードを再現した“聞こえないレクイエム”(20代/男性)

●『スーパーロボット大戦 オリジナルジェネレーション2』(ゲームボーイアドバンス)
・“武神装攻ダイゼンガー”。あのタイトルの出しかたは卑怯(笑)(40代/男性)


■Q7 『スパロボ』に関する思い出や印象的な出来事は?
 『スパロボ』ファンゆえの出来事、『スパロボ』関連の思い出をピックアップ。「ゲームに登場したロボットを好きになった」という意見が多く見られたほか、「好きな作品の参戦に興奮した」といった声も少なくなかった。なかには、強敵や演出に関するトラウマを挙げる人も。

・約10年前に行われた『スーパーロボット大戦OG オリジナルジェネレーションズ』のイベントで仲よくなった人と、いまでも友人関係が続いている(20代/男性)
・『スパロボ』で知ってから原作を見ると、「え、このキャラクター死んじゃうのか?」と衝撃を受けることが……(30代/男性)
・『スーパーロボット大戦F 』の難度が高くて、友だちと攻略法について盛り上がった(30代/男性)
・『スーパーロボット大戦α』のイングラムの裏切り。プレイ前に『スーパーヒーロー作戦』をやっていたので、まさかその主人公が裏切るとは思わなかった(30代/男性)
・子どものとき、『スーパーロボット大戦F』のエヴァンゲリオン初号機の暴走がトラウマになった(10代/男性)
・ゲームショップで流れているプロモーションビデオを、何回もずっと見ていました(40代/男性)


■Q8 登場するとうれしい作品は?
 古今のさまざまな名作が参戦するのも、『スパロボ』の大きな魅力。最近は、マンガやゲームなど、アニメ以外からの参戦も多い。参戦してうれしい作品を聞いてみた質問では、多彩な作品が挙がる中で、『機動戦士ガンダムΖΖ』などのように、以前のシリーズではよく見かけたが、最近のシリーズではごぶさた……といった作品を推す声も目立った。これらの声には、「新作への参戦希望!」という願いが込められているのかも。

●『メガゾーン23』
・携帯ゲーム機だけの参戦はもったいない。Part3までの内容を『スパロボ』で見たい!(20代/男性)

●『GEAR戦士 電童』
・1回使うとエネルギー残量10という、“ファイナルアタック”の最終兵器感が好き(30代/男性)

●『SDガンダム外伝』
・騎士ガンダムは永遠のヒーロー(30代/男性)

●『重戦機エルガイム』
・参戦していたころの『スパロボ』は難度が高かった。もう一度あの恐怖を味わいたい(30代/男性)

●『機動武闘伝Gガンダム』
・師匠と拳で語り合いたい(30代/男性)
・ゴッドガンダムがいちいちカッコいい。マスターも仲間になればなおよし(20代/男性)

■Q9 シリーズで好きなキャラクターは?
 シリーズを彩る個性的なキャラクターの中で、好きな人物を聞いてみた。全体的に『スパロボ』オリジナルキャラクターの人気が高く、全体の6割以上を占めるという結果に。原作作品のあるキャラクターは、偏りなくさまざまな名前が挙がっていた。

●アイビス・ダグラス
・純粋に夢を追いかける姿を見ると応援したくなる!(20代/男性)
・いちばん育てているという感じがした。覚醒したときは泣いて喜んだ(20代/女性)

●アムロ・レイ
・シリーズ初期から参戦しており、出てこないと落ち着かない(30代/男性)

●エクセレン・ブロウニング
・お色気タップリで陽気なムードメーカーなのに、頭脳派で一途なお姉さんなギャップがかわいい(30代/女性)

●アクセル・アルマー
記憶喪失になってみたり、敵になってみたり、異世界に飛ばされたり……。アクセルほどおいしいキャラクターはいない(笑)(年齢不明/女性)

■Q10 シリーズで好きな武器は?
 ロボットがくり出す攻撃や武器についても聞いてみたぞ。やはり“好きなロボット”と同様、強力な攻撃力を誇る必殺技のような武器を挙げる声や、とにかくド派手な演出となる武器を選んだ人が目立った。また、“ランページ・ゴースト”などの合体攻撃を挙げる声も多かった。

●アカシックバスター[サイバスター]
・時代を重ねるごとに演出がかっこよくなっていくので、毎回見るのが楽しみ(30代/男性)
・『スパロボ』といえばこれ(30代/男性)

●フィン・ファンネル[νガンダム]
・シリーズごとに演出が違って楽しみ(40代/男性)

●アイン・ソフ・オウル[ディス・アストラナガン]
・戦闘デモ中、もはや何を言っているかわからないレベル。でもカッコイイ(20代/男性)

●斬艦刀[スレードゲルミル]
・『スパロボα外伝』のものは、コマ落ち、処理落ちすら味になっているという奇跡の一品(30代/男性)

■Q11 シリーズで好きなロボットは?
 シリーズの華、参戦ロボットについてもバッチリ調査。やはり強力な攻撃力や高い性能を誇るロボットが人気の模様。また、“好きなキャラクター”が搭乗するロボットを挙げる回答も多く届いた。なかには、「ガンダム系ならなんでも好き」という声もあった。

●SRX
・合体・必殺剣・必殺砲と、ロマンを感じさせる要素が詰まっている(20代/男性)

●マジンガーZ
・元祖スーパーロボットだから(30代/男性)
・ロボットもののゲームとして地に足がついた安心感(30代/男性)

●νガンダム
・『スパロボ』の進化を見るにはコレ!(30代/男性)
・いつも戦闘アニメに力が入っていて、能力も高い(30代/男性)

●サイバスター
・元祖『スパロボ』オリジナルロボットで、サイフラッシュも便利!(20代/男性)

■Q12 『スパロボ』のために持っていないハードを買ったことはある?
 “『スパロボ』のためにハードを買った”というファンは、なんと全体の6割超。『スパロボ』がハードの普及をけん引する一大パワーになっていることを示すデータだ。

・ある 61.9%
・ない 38.1%

●“ある”と答えた人が買ったタイトル例
・『スーパーロボット大戦COMPACT』(ワンダースワン)
・『スーパーロボット大戦F』(セガサターン)
・『スーパーロボット大戦NEO』(Wii)
・『スーパーロボット大戦W』(ニンテンドーDS)


■Q13 『スパロボ』購入の動機は?
 “無条件購入派”と“参戦作品次第派”が拮抗。“その他”の意見の理由は「ハード次第」が圧倒的だ。また、「『OG』シリーズなら無条件で」という声も多く見られた。

・新作発売のたび無条件で購入する 44.1%
・好きな作品が出ていたら購入する 42.7%
・発売後の周囲の反響次第で購入する 3.3%
・その他 9.9%

●“その他”の意見
・オリジナル機体と主人公が好みかどうか(30代/男性)
・戦闘アニメーションなど、内容を動画で見ておもしろそうだったら(20代/男性)
・鉄甲鬼が仲間になる作品なら(20代/女性)


■Q14 好きな精神コマンドは?
 SP(精神ポイント)を消費して、さまざまな効果を起こす精神コマンド。好きな精神コマンドは、敵に与えるダメージが倍増する“魂”や“熱血”と、回避率と命中率を上げる“集中”を挙げる声が圧倒的。また、入手資金を増やす“幸運”や“祝福”のほか、複数の効果を同時に発動するものも人気に。

●1位 魂(214人)
・大ダメージを与えたときの爽快感が好きだから(30代/男性)
・所持しているキャラクターのイメージに合う(30代/男性)
・スーパーロボットは魂で動かすものだから(30代/男性)
・火力は正義だから(20代/男性)

●2位 熱血(186人)
・ゲーム的にもテーマ的にも『スパロボ』を象徴するもの(20代/男性)
・『スパロボ』イコール熱い、情熱というイメージ。それにもっともマッチしている(20代/男性)
・“魂”に比べて消費SPが低く、使い勝手がいい!(10代/男性)

●3位 集中(135人)
・一度の戦闘でなくならない回避率&命中率アップというお得感(20代/男性) 
・リアル系の生命線(30代/男性)
・こいつを使って特攻に限る(20代/男性) 
・反撃戦法大好きなので(30代/男性)
・自分に集中力がないので(30代/男性)

・4位 幸運(76人)
・5位 奇襲(70人)
・6位 加速(68人)
・7位 愛(64人)
・8位 ひらめき(62人)
・9位 祝福(57人)
・10位 必中(44人)
・次点 不屈(40人)


■Q15 『スパロボ』といえばコレ! という“あるある”ネタは?
 シリーズファンなら思わず“あるある”とうなずいてしまうような、そんな“『スパロボ』あるあるネタ”を聞いた質問。似たようなシチュエーションに心が落ち着いたり、ロボットアニメを見る目が変わったり、レンタルビデオ店で不可思議現象(?)が起こったりと、幅広い“あるある”ネタが寄せられた。25年周年を迎えるほどの人気シリーズだからこそ起こりうる、数々のエピソードをお楽しみあれ!

・最初はアムロがリ・ガズィでやってくる(30代/男性)

・『スパロボ』の数値で信じられるのは、“必中による100%”と“0%”のみである(20代/男性)
・クイックロードしたら、ものすごく前のデータだった(20代/男性)
・「ゲッタービームって指から出るんだよね?」とずっと思っていました(30代/男性)
・ロボットアニメを見ていると、「『スパロボ』に参戦したら必殺技はここの演出が使われそう」と考えながら視聴する(20代/男性)

・『スパロボ』発売の前後で、参戦作品がレンタルビデオ店でレンタル中になり、なかなか借りられない(30代/男性)
・『第2次スーパーロボット大戦α』のククルを、『鋼鉄ジーグ』出典のキャラクターと勘違いする(30代/男性)
・まず必ずタイトル画面を放置して戦闘デモを見る(30代/男性)
・後継機に改造が引き継がれるか怖くて、しばらく無改造(30代/男性)
・『新機動戦記ガンダムW』のパイロットの精神コマンド“自爆”(10代/男性)
・中断メッセージ見たさに中断する(20代/女性)
・ウインドーサイズのキャラクター表示を見た後に、図鑑などでバストショットのキャラクターを見たときに、予想外の髪型で驚くことがある(20代/男性)
・“熱血”、“必中”のかかった攻撃を、「踏み込みが足りん!」といって斬り払う、エリート兵のエリートっぷり(20代/男性)
・原作が哀しい結末でも、だいたい救済ルートがある(ありがとうございます)(30代/女性)

■ファンからのお祝いメッセージ
・『スパロボ』25周年おめでとうございます! 『スパロボ』のおかげで、知らなかった作品に出会えたり、原作では救えなかった仲間を救えたり……本当に夢を叶えてくれる作品です。これからも長く愛されるシリーズとして続くことを期待しています♪(年齢不明/女性)

・25周年、おめでとうございます! 昔に比べるとロボットアニメは減ったかもしれませんが、ロボットアニメのすばらしさは変わっていません。これからも、『スパロボ』らしい熱いクロスオーバーを期待しています!(10代/男性)

・『スパロボ』25周年、おめでとうございます。私が『スパロボ』を知ったのはシリーズの途中からですが、いまでは『スパロボ』は私の人生では欠かせないゲームになりました。これからも『スパロボ』を応援し続けます。(10代/女性)

・大好きな作品だからこそ、きびしい意見や不満が出ると思います。それでも、ずっと一生懸命作ってくださっているスタッフの方々には、感謝しかないです。これからも、ワクワクして寝る時間を削ってしまうくらいの『スパロボ』を作り続けてください。(20代/男性)

・25周年おめでとうございます。私は新規プレイヤーですが、それでも10年以上前の作品をいまプレイして楽しめるというのはとてもすばらしいと思います。これから30周年、40周年を目指すとともに、何年経ってプレイしても楽しめる作品を作り続けてください。(20代/女性)

・おめでとうございます。ロボット愛がある限り応援します。ロボットはいいものです、ロマンです。ロマンを持たないまま大人になるのは、悲しいことです。『スパロボ』が、そのロマンの一片を感じさせてくれる場であり続けることを祈っております。(20代/男性)

・25周年! どうりで、わけもわからず機体を動かして機械獣に囲まれていた小学生が、敵の援軍に合わせて味方を配置する汚い大人になるわけだ。後ろから息子が覗いてくるので、せめて息子の前では正々堂々とプレイします。これからもよろしく『スパロボ』。(30代/男性)

・ほかのゲームはほとんどやらなくなりましたが、『スパロボ』だけは睡眠時間を削ってやっています。生活の一部になっています。30周年、40周年と、ずっーと続けば楽しみがなくならないです。これからも応援させていただきます。(40代/男性)

・青春とともにあるシリーズです。マンネリを感じた時期もありましたが、やはり大好きです。結婚してからも、妻の目を盗んで新作を買っています。まだまだ期待していますので、がんばってくださいませ。ついて行きますので。(40代/男性)

・25周年! おめでとうございます!! 声が出るようになってからの人気と知名度の上昇は、ロボットアニメ好きとしてはとてもうれしかったです。さらに、アニメ化でオリジナルキャラクターの世界が広がることも。今後の展開も応援しています!(40代/女性)

・まだまだ見てみたいクロスオーバーがたくさんあります! 原作再現もとってもうれしいですが、ちょっと無茶をするくらいのシナリオも好きなので、びっくりするような作品が見てみたいです! これから登場する新たなクロスオーバーに期待してます!(20代/男性)

・学生のころから親しんできたシリーズがいまも変わらず続いていることがうれしく、これからも続いてゆくだろうことがさらにうれしいです。アニメを知れば知るほど、『スパロボ』を遊べば遊ぶほど、つぎの作品への期待は大きくなるばかりです。(20代/男性)

・生まれる前から発売されていたシリーズ作品が、大人になったいまでも続いてるというすばらしさ、作品の色褪せなさ。いろいろと難しいこともあったのではないかと思いますが、これからも素敵な作品を作り続けてください。お願いします。(20代/女性)

・25周年おめでとうございます^^* 『スパロボ』があったから“ロボオタ”になれたし、素敵な作品にたくさん出会えました。最近は参戦作品がやたら多い気がします。昔のように参戦作品は絞ったうえで、それぞれの作品の深いストーリーを見たいです。(20代/女性)

・本当にいつもいつも定番ネタから意表を突くストーリー展開、見ながら涙するほどかっこいい戦闘アニメーションと、楽しく遊ばせてもらっています。これからもよりパワーアップした作品が出てくることを、楽しみにお待ちしています。(30代/男性)

・『スパロボ』25周年、本当におめでとうございます! 初代『スパロボ』からプレイしておりますが、25年間もプレイし続けるとは夢にも思いませんでした(笑)。いち『スパロボ』ファンとして、これからもシリーズが続くことを心より願い、応援しております!(30代/男性)



(C)伊東岳彦/集英社・サンライズ
(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK
(C)AIC
(C)AIC・EMOTION
(C)オケアノス/「翠星のガルガンティア」製作委員会
(C)カラー
(C)カラー/EVA製作委員会
(C)カラー/Project Eva.
(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KDE-J・テレビ東京・電通
(C)GAINAX・中島かずき/劇場版グレンラガン製作委員会
(C)賀東招二・四季童子/ミスリル
(C)賀東招二・四季童子/陣代高校生徒会
(C)賀東招二・四季童子/Full Metal Panic! Film Partners
(C)久保書店・AIC
(C)国際映画社・つぼたしげお
(C)サンライズ
(C)サンライズ・バンダイビジュアル
(C)サンライズ・バンダイビジュアル・バンダイチャンネル
(C)SUNRISE・BV・WOWOW
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006 CLAMP・ST
(C)SUNRISE/PROJECT GEASS Character Design (C)2006-2008 CLAMP・ST
(C)SUNRISE/PROJECT G-AKITO Character Design (C)2006-2011 CLAMP・ST
(C)サンライズ・プロジェクトゼーガ
(C)ジーベック/ナデシコ製作委員会
(C)ジーベック/1998 NADESICO製作委員会
(C)XEBEC/FAFNER PROJECT
(C)XEBEC・フライングドッグ/創通
(C)XEBEC・竜宮島役場
(C)SHOJI KAWAMORI, SATELIGHT/Project AQUARION EVOL
(C)SEGA, 1998, 2003 CHARACTERS (C)AUTOMUSS CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
(C)SEGA/AUTOMUSS/Crypton Future Media, Inc. CHARACTER DESIGN:KATOKI HAJIME
(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・MBS
(C)創通・タツノコプロ
(C)DARTS
(C)ダイナミック企画
(C)ちみもりを・AIC
(C)東映
(C)東映アニメーション
(C)東北新社
(C)永井豪/ダイナミック企画・ビルドベース
(C)BANDAIVISUAL・FlyingDog・GAINAX
(C)B・P・W/ヒーローマン製作委員会・テレビ東京
(C)光プロダクション・TMS
(C)光プロ/東芝エンタテインメント/フェニックス・エンタテインメント
(C)ぴえろ
(C)藤原忍/ダンクーガ ノヴァ製作委員会
(C)PRODUCTION REED 1980, 1981, 1983, 1985, 1986, 1990
(C)HEADGEAR / BANDAI VISUAL / TOHOKUSHINSHA
(C)BONES/STAR DRIVER製作委員会・MBS
(C)吉崎観音/角川書店・サンライズ・テレビ東京・NAS・BV
(C)ワコープロ
(C)1982,1984,1994,1997,2002,2013 ビックウエスト
(C)1983-2009, 2013 TOMY (C)ShoPro
(C)1983 ビックウエスト・TMS
(C)1989 永井豪/ダイナミック企画・サンライズ
(C)1989 HEADGEAR / BANDAI VISUAL / TOHOKUSHINSHA
(C)1998 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・「真ゲッターロボ」製作委員会
(C)2000 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・早乙女研究所
(C)2001 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
(C)2001 BONES・出渕 裕/Rahxephon project
(C)2002 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオン製作委員会
(C)2003 GAINAX/TOP2委員会
(C)2003 永井豪/ダイナミック企画・光子力研究所
(C)2003 Project GODANNAR
(C)2004 大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会
(C)2004 河森正治・サテライト/Project AQUARION
(C)2004 永井豪・石川賢/ダイナミック企画・新早乙女研究所
(C)2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ
(C)2005 BONES/Project EUREKA       
(C)2006 デモンベイン製作委員会
(C)2007 ビックウエスト/マクロスF製作委員会・MBS
(C)2008 清水栄一・下口智裕・秋田書店/GONZO/ラインバレルパートナーズ
(C)2009 永井豪/ダイナミック企画・くろがね屋
(C)2009,2011 ビックウエスト/劇場版マクロスF製作委員会
(C)2009 BONES/Project EUREKA MOVIE
(C)2010 永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー製作委員会
(C)SRWOG PROJECT

最終更新:6月23日(木)14時31分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。