ここから本文です

<日本で一番悪い奴ら>綾野剛主演 スクリーンからはみ出す勢いで描く刑事の不正

まんたんウェブ 6月23日(木)22時31分配信

 警察幹部が覚せい剤所持などで逮捕され、“日本警察史上最大の不祥事”と呼ばれる実在の事件をベースにした「日本で一番悪い奴ら」(白石和彌監督)が、25日から公開される。あらゆる悪事に手を染めた刑事の26年間が、テンポよくつづられていく。主演の綾野剛さんが体当たりの演技を見せている。

【動画】映画「日本で一番悪い奴ら」予告編

 北海道警の刑事になった諸星要一(綾野さん)は、強い正義感の持ち主だが、うだつのあがらない日々を送っていた。ある日、先輩刑事の村井(ピエール瀧さん)に、裏社会に飛び込んでS(スパイ)を作って点数を稼げと教えられ、その通りにやって暴力団組員逮捕の功績を上げる。幹部の黒岩(中村獅童さん)とパイプができた諸星は、裏社会の情報を提供されながら出世街道を進んでいくのだが……という展開。

 実話がベースになっているため、面白さ倍増だ。描かれるのは、世間に知らせてはならない敏腕刑事の黒履歴の数々。出世への道は、覚せい剤と拳銃所持の検挙数を上げること。やらせ逮捕やおとり捜査に、上司もギリギリまで目をつぶっているのだから驚く限りだ。結果を得るために、バンバン不正行為に走っていく男の仕事ぶりは、豪快、痛快! 綾野さんのすごみの利いた演技は、スクリーンからはみ出しそうな勢いで、ドーパミンが出まくっている感じ。裏社会と密通して上り調子になっていく姿から、堕ちて空気がしぼむさままで、一人の男の26年間の狂騒を思いっきり演じ切っている。

 映画は諸星が意気揚々と職に就くところから始まるが、そこに深い意味を感じる。そう、誰もが社会に出るときはまっさらで前向きだ。諸星は特別な男ではなく、人間の持つ欲望の延長線上にいる人物。その行為のすべてを正義感が後押ししているから抜け出せなかったのかもしれない。原作は、北海道警察に実在した刑事・稲葉圭昭さんの手記「恥さらし 北海道県警 悪徳刑事の告白」。脚本の池上純哉さんが書店で目にして、企画が始動したという。過激な内容のため、暗礁に乗り上げていたそうだが、「凶悪」(2013年)の白石監督とタッグを組み、映画化にこぎ着けたという。映画は25日から丸の内TOEI(東京都中央区)ほかで公開。(キョーコ/フリーライター)

 <プロフィル>

 キョーコ=出版社・新聞社勤務後、映画紹介や人物インタビューを中心にライターとして活動中。趣味は散歩と街猫をなでること。今月公開作では「裸足の季節」(シネスイッチ銀座ほか)がイチオシです。

最終更新:6月23日(木)23時27分

まんたんウェブ