ここから本文です

ジョニデ、擁護してくれた友人に「サンキュー!」

Movie Walker 6月23日(木)15時52分配信

アンバー・ハードから離婚を申請され、DV疑惑を突き付けられたジョニー・デップが、擁護してくれた友人に感謝の意を表すテキストメッセージを送っていたことがわかった。

【写真を見る】持つべきものは友?ジョニーが思わず送った感謝のメッセージ

その友人とは「The Wrap」で紹介されたエッセイに、アンバー側の主張とはまったく正反対の、「アンバーが、ジョニーを脅迫している」という見出しをつけたことで、アンバーに告訴されているコメディアンのダグ・スタンホープだ。

恋人のビンゴと共に、ジョニーとは2013年来の友人だというダグが、米人気ラジオパーソナリティのハワード・スターンがホストを務める「XMラジオ」に出演し、この記事に関して赤裸々に語った。

「自分のウェブサイトに掲載したことをTheWrapが独占で、『アンバー・ハードがジョニー・デップを脅迫 これが私の知っていること』というタイトルをつけて紹介したんだけど、僕はそんなタイトルは付けてないんだけどね。でもこのタイトルを見て(アンバー側は)意地悪(告訴)をしてきたんだろうね。要は僕を黙らせたいんだよ。不利になるからね」

「あれはジョニーに頼まれたから書いたんじゃないよ。ジョニーとは連絡を取ってなかったんだ。『正直に話してくれてありがとう』っていうテキストメッセージをもらうまではね」と語り、改めてジョニーのDVを否定している。【NY在住/JUNKO】

最終更新:6月23日(木)15時52分

Movie Walker

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。