ここから本文です

北朝鮮外務省高官 ムスダン発射成功に「うれしい」

聯合ニュース 6月23日(木)12時40分配信

【北京聯合ニュース】北朝鮮外務省のチェ・ソンヒ米州局副局長は23日、北朝鮮が前日発射した中距離弾道ミサイル「ムスダン」(北朝鮮名:「火星10」)の発射に成功したとされることについて「うれしい」と述べた。

 チェ副局長は中国・北京の北朝鮮大使館前で記者会見を行い、ムスダンの発射に関連し、北朝鮮はいかなる核攻撃にも対応できる運搬手段を備えたと評価した。

 また、今の状況では北朝鮮の非核化を前提とした6カ国協議の意味はなくなったと主張した。

 北朝鮮は22日午前、ムスダンとみられるミサイル2発を発射した。1発目は空中爆発したものの、2発目は事実上、発射実験に成功したとみられる。

 チェ副局長は前日開催された6カ国協議当事国の政府当局者らが参加する民間主催の国際会議「北東アジア協力対話(NEACD)」に出席するため北京を訪問し、この日帰国する予定だ。

最終更新:6月23日(木)12時44分

聯合ニュース