ここから本文です

朴大統領、北のミサイル発射に「局面を短期間に転換するのは難しい」

WoW!Korea 6月23日(木)15時0分配信

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は23日、北朝鮮が前日(22日)に中距離弾道ミサイル「ムスダン」を発射したことと関連し、「このような現在の局面が短期間に転換されるのは難しいようだ」と述べた。

 朴大統領はこの日正午、全軍主要指揮官を青瓦台(大統領府)へ招待し激励晩餐会を設けた場で「(北朝鮮が)昨日も再び2発の中距離弾道ミサイルを発射した」と述べた。

 続けて「今も北朝鮮は韓国と国際社会の非核化要求を全面的に拒否し、むしろ核保有国を自任しており、核弾頭の公開や新型発射砲射撃、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)発射実験と弾道ミサイル発射などをしながら平和を脅かしている」と付け加えた。

 朴大統領は「特に国際社会の強力な北朝鮮制裁効果が徐々に可視化され、北朝鮮の反発が予期せぬ挑発へとつながる可能性もある」と懸念した。

 また「我々が北朝鮮の挑発を恐れ、再び過去のように挑発と報復というパターンを繰り返すことになれば、北朝鮮の非核化は遠くなり、朝鮮半島の永久的な平和も期待できない」とし「我々は朝鮮半島の安全と平和を脅かす北朝鮮の挑発を決して座視してはならない。国際社会と密に協力して北朝鮮が変化の道を選択するときまで強く制裁や圧迫を継続する」と述べた。

 このため朴大統領は軍に「隙のない軍事態勢」と「強力な抑止力」を求めた。

 朴大統領は「軍はいつどのような方法で起こるかわからない北朝鮮の挑発に対応し、すべての場合の手段を考慮して徹底した態勢を維持し、北朝鮮が挑発したならば普段の訓練通りに初期に強く戒め、その代価が何なのかを確実に示すことを願う」と訴えた。

最終更新:6月23日(木)15時0分

WoW!Korea