ここから本文です

北朝鮮高官「米国を堂々と相手にできる」 ムスダン成功で

聯合ニュース 6月23日(木)15時35分配信

【北京聯合ニュース】北朝鮮外務省のチェ・ソンヒ米州局副局長は23日、北朝鮮の中距離弾道ミサイル「ムスダン」(北朝鮮名:「火星10」)の発射について「核弾頭運搬手段の成功」と評価し、「(今後)米国を堂々と相手にできるようになった」と主張した。中国・北京の北朝鮮大使館前で行った記者会見で述べた。

 チェ副局長はムスダンの発射に関し、「火星10号はわれわれの(核弾頭)運搬手段が明白に成功したことを意味するため、非常にうれしい」とした上で、米国が北朝鮮に対しいかなる核戦争を強要しても堂々と相手にできるため喜ばしいと話した。

 北朝鮮は22日、ムスダンとみられるミサイル2発を発射し、23日に火星10の発射に成功したと発表した。ただ、韓国軍や専門家からは成功に懐疑的な反応が出ている。

 チェ副局長は北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議についても言及。「米国の脅威に対応するためわれわれは核兵器をつくり、さらに運搬手段も順調に備えた。朝鮮(北朝鮮)の非核化を議論する6カ国協議(の開催)は、現段階では考えていない」との立場を示した。

 チェ副局長は前日から本格的に始まった6カ国協議当事国の政府当局者らが参加する民間主催の国際会議「北東アジア協力対話(NEACD)」に出席するため北京を訪問した。NEACDでは「世界の非核化が実現するまでは核を放棄できない」「6カ国協議は死んだ」などと発言したとされる。

 記者会見ではこの発言について「死んだというのは私の発言ではなく、4月12日の外務省報道官の回答で6カ国協議に対する(北朝鮮の)立場として発言したもの」と述べた。その上で、今の状況で北朝鮮の非核化問題を議論するのは時期尚早で協議を開く状況ではないという北朝鮮外務省報道官の回答を述べたと説明した。

 さらに、中国滞在中に6カ国協議の中国首席代表を務める武大偉・朝鮮半島問題特別代表ら中国側と複数回会談したと明かし、北朝鮮を支持しない中国について「全く失望していない」と述べた。

 NEACDに参加した米国政府代表のソン・キム国務省北朝鮮担当特別代表と会談したかどうか尋ねる質問には、「米側に聞いてほしい。敏感な事項のためここでは明らかにできない」と回答を避けた。

 北朝鮮の相次ぐ挑発に対し国際社会から強い懸念の声が出ていることについては、「それについては慣れた」として、全く意に介さないという立場を繰り返した。

 チェ副局長は20日に北京入りし北朝鮮代表としてNEACDに出席した。25日ごろに帰国するとされる。

最終更新:6月23日(木)15時38分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。