ここから本文です

ロッテ裏金疑惑 キム・ヒョンス ロッテ損害保険代表を召喚調査=韓国検察

WoW!Korea 6月23日(木)17時12分配信

ロッテグループの裏金疑惑を捜査する韓国ソウル中央地検のロッテ捜査チームが23日、ロッテ損害保険のキム・ヒョンス代表取締役(60)を参考人として召喚し調査した。

 1984年、ロッテグループの系列会社であるロッテ産業に入社したキム代表はその後、ロッテ百貨店の財務・会計チーム長、ロッテショッピング財務部門長などを務めており、グループ内の財務通として挙げられる。

 検察はキム代表がグループ内で長年、重光武雄(韓国名:辛格浩/シン・ギョクホ、94)、重光昭夫(韓国名:辛東彬/シン・ドンビン、61、重光武雄氏の次男)会長の資金管理を務めており、グループ内の全般的な資金の流れを熟知しているとみて、キム代表を召喚した。

 検察はキム代表に対し、毎年系列会社を通じて武雄氏が100億ウォン台、昭夫会長が200億ウォン台など300億台の裏金を作ったという疑惑などについて問い詰めている。

最終更新:6月23日(木)17時12分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。