ここから本文です

イ・スンギ“隠し子”の噂、最初の流布者は大手通信会社の社員

WoW!Korea 6月23日(木)20時12分配信

韓国歌手兼俳優のイ・スンギに関する悪意のある噂を最初に流布した人物の身元が判明した。

イ・スンギのプロフィールと写真

 23日、芸能界関係者によると、イ・スンギに関する噂は通信会社Lの社員が業務で使用するチャットアプリのトークルームから始まったものだという。社員Aが今回の噂を社員が共有するトークルームに流したことが確認された。

 特に、イ・スンギ担当のメーキャップアーティストとされたBさんも、通信会社Lに勤めるAとは違う部署の人物だという。Bさんは自分に関する噂を作ったAを名誉毀損で告訴すると伝えられている。

 先日、スマートフォンのチャットアプリケーションで、イ・スンギ担当のメーキャップアーティストの女性がイ・スンギの子供を出産したという嘘の噂と共に女性の写真が広がった。確認した結果、女性はイ・スンギ担当のメーキャップアーティストではない上に、イ・スンギとは何の繋がりのないBさんだった。実際のイ・スンギのメイク担当者は恋人関係ではなく、軍入隊前まで長い期間に渡って共にしてきた親しいビジネスパートナーだ。

 イ・スンギの所属事務所関係者は「単純ないたずらというよりは、犯罪だと考えてサイバー捜査隊に捜査を依頼した」とし、「最初の流布者はもちろん、悪意のある噂を広げた人たちに対応していく」と明らかにしていた。

最終更新:6月23日(木)20時12分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。