ここから本文です

大沢伸一とヒロ杉山が1点モノのデジタル・インテリア・アート作品発表。価格100万円

BARKS 6月23日(木)14時40分配信

MONDO GROSSOの大沢伸一とENLIGHTNMENTのヒロ杉山のふたりが、初の試みとなる先鋭的なコラボ作品を発表した。それが1点モノのデジタル・アート作品、お値段は100万円だ。

◆SOELM001の画像

デジタルなアイテムにも関わらずコピー商品を販売せず、1点モノの価値にこだわり、音楽や映像をアート作品として再構築したのが、ふたりの発表した『SOELM001』だ。

「デジタル処理できる作品の価値が曖昧な時代になってきてます。そこで、違う価値を提供して、所有してもらう喜びを再定義できるような取り組みを考えました。」── 大沢伸一

絵画の様なインテリアにもなる1点モノのこのデジタル・アート作品は、ゆっくりと予測不可能に変化を続けるだまし絵的なグラフィック映像とアンビエントな音楽が、エッチング処理されたサイン付デジタル・デバイスに収められている。

「抽象的な、アブストラクトな作品を作りたいと思いました。時間をあらわすようなモチーフがループして動いています」── ヒロ杉山

構想1年、タイトル『SOELM001』とは、ふたりの名前に由来するという。価格は100万円(税別)で、キュレーション型Eコマースサイト MyGOD限定で6月23日より販売スタート。なお、本作は専用のスペシャルケースに入れて、大沢伸一とヒロ杉山のふたりが購入者へ直接届けるという(※ 関東近郊限定の予定)。

音楽や映像の価値が、テクノロジーの進化によって限りなくフリー(無料)へと近づいている昨今のミュージック・シーン。パンキッシュな問題定義ともいえる大沢伸一とヒロ杉山の試みがどのような推移をみせるのか。

キュレーション型Eコマースサイト MyGOD:
様々な分野のお気に入りの逸品をスペシャリスト達が紹介するキュレーション型Eコマースサイト。世界に1点だけの限定アイテムや高級ボートなどラグジュアリーなアイテムが揃う。

SOELM001商品概要
特長:
1. グラフィック映像は、ゆっくりと少しずつ変化を続け、しばらくそばを離れて戻った時には、全く別のアートが浮かび上がっているという予想できない魅力があります。
2.リラックスできる心地良いアンビエントな音楽が流れています。ボリュームも調整可能なので、置く場所やシーンに合わせた演出が可能です。
3. リモコン1つで簡単な操作が可能です。

発売開始日:2016年6月23日
販売料金:1,080,000円(税込)
メーカー名:NSS
画面サイズ:42型
有効表示領域:930×523mm
外形寸法:1029.4(幅)×622.4(高)×65.9(奥)mm
表示画素数:1920×1080 16:9ワイド
写真再生モード:自動・スライドショー、写真回転機能
オーディオ出力:内蔵スピーカー
輝度:700カンデラ
映像入力:HDMI×1、VGA×1
対応メモリ機器:USB 2.0
電源:100~220V

最終更新:6月23日(木)14時40分

BARKS