ここから本文です

【MLB】イチロー、3戦連続先発で1安打&美技 MLB通算2983安打で3000安打へ「17」

Full-Count 6/23(木) 3:41配信

中前打で2試合連続ヒット、5回にはファウルフライをスライディングキャッチ

 マーリンズのイチロー外野手は22日(日本時間23日)、本拠地でのブレーブス戦に「1番・ライト」で先発出場し、4打数1安打だった。3試合連続スタメンで、マルチ安打をマークした前日から2試合連続安打。メジャー通算2983安打で、3000安打へ残り17本とした。マーリンズは3-0で勝利し、連敗を2で止めた。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 イチローは初回、1ボール2ストライクから相手先発右腕ガントの75マイル(約121キロ)のカーブを叩き、ニゴロに倒れた。

 しかし、第2打席で好調ぶりを見せつける。マーリンズがボーアの2ランとマシスのタイムリーで3点を先制し、なおも2死一塁で迎えた場面。カウント2-2から、第1打席では打ち取られた低めへの75マイルのカーブを今度は巧みなバットコントロールで見事に捉えた。ライナーでセンター前に運ぶヒット。今季14度目のマルチ安打を記録した前日に続き、2試合連続ヒットとした。しかし、ここは続くエチャバリアが左直に倒れ、追加点にはつながらなかった。

 イチローは守備でも見せる。3点リードの5回、2死二塁でガントのフライが右翼へ飛ぶ。ファウルゾーンへと切れていく打球を追ったイチローは、鮮やかなスライディングキャッチ。名手にとってはやや余裕のあるプレーだったが、マーリンズはこれで失点のピンチを脱した。

 その裏の第3打席は1死走者なしで遊ゴロ。7回は2死走者なしでフルカウントから2番手左腕クロルのスライダーに空振り三振に倒れた。

 マーリンズは先発左腕コンリーが8回4安打無失点と快投。9回は守護神ラモスが締め、3-0のまま勝利して連敗を「2」で止めた。イチローは4打数1安打で今季打率.350と、依然として好成績。6月は月間打率4割、出塁率.483と好調を維持している。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/23(木) 6:15

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。