ここから本文です

富山市ファミリーパーク 新たなレッサーパンダ仲間入り/富山

チューリップテレビ 6月23日(木)0時39分配信

 絶滅の恐れがあるシセンレッサーパンダの繁殖を進めようと、22日、オスのシセンレッサーパンダ1頭が京都市から富山市のファミリーパークにやってきました。
 ファミリーパークに新たに仲間入りしたのは、シセンレッサーパンダのオス、『ロッポ』。
 生後11か月です。
 京都市動物園から4時間半かけて車で運ばれてきました。
 ファミリーパークでは、1998年からレッサーパンダの繁殖に取り組み、2002年にオスのラミーが生まれました。
 しかし、そのラミーも今では13歳。
 平均寿命が15年前後と言われるレッサーパンダの中では高齢で繁殖が難しくなったことから、新たに生後11か月のロッポを迎え繁殖に取り組むことになりました。
 今いるメスのハナも11歳と高齢なことから、ファミリーパークでは今後さらに別の若いメスを探しロッポとペアリングさせることも計画しています。

チューリップテレビ

最終更新:6月23日(木)0時39分

チューリップテレビ