ここから本文です

ユニオンジャックカラーのミニ ワン限定車を発売

オートックワン 6/23(木) 12:37配信

BMWグループ100周年記念モデル

ビー・エム・ダブリューは、MINIのエントリー・モデル「ミニ ワン 3ドア/5ドア」をベースに、BMWグループ誕生100周年を記念した限定車「MINI Victoria(ビクトリア)」を、6月23日より、全国限定300台で販売を開始する。

ミニ ビクトリアの写真を見る

価格(消費税込)は、3ドアが273万円、5ドアが288万円となる。

MINIは元来、オリジナリティー溢れる発想を元に生まれ、何者にも似ないその魅力は、その時々の乗る人の個性とあいまって、唯一無二の1台として時代を超えて受け継がれている。

そのMINIから生まれた今回の限定車「ミニ ビクトリア」は、英国生まれのMINIの伝統に、最新世代の魅力を凝縮したデザインと装備を備えた限定モデルである。

英国を象徴するユニオン・ジャック・カラーの赤、青、白の3色のボディカラーと、コントラストが映えるカラーのミラー・キャップ、サイド・ストライプが特徴で、シート・ヒーターやコンフォート・アクセスと言った、特に女性に人気の装備を標準装備としている。

ミニ ビクトリアの導入により、国産車オーナーや女性ドライバーを含む幅広いユーザーに、MINIの魅力を知るきっかけとなり、さらにMINIファンを増やすことを期待している。

限定モデルの名称は、ロンドンを代表する街の一つであるビクトリアに由来している。

ビクトリアは、バッキンガム宮殿をはじめとする英国を象徴する歴史的建造物と、先進的な高層ビルが調和した英国の過去・現在・未来をつなぐ街である。さらに、交通の要所としてもイギリスの発展に関わってきたビクトリアに、これからも時代を超えてMINIの魅力を発信し続けたいという想いを込めている。

最終更新:6/23(木) 12:37

オートックワン