ここから本文です

氷室京介、ラストステージでの想い LAST GIGSの舞台裏を公開

MusicVoice 6月23日(木)17時14分配信

 氷室京介の4月23日から5月23日にかけて開催した四大ドームツアー「KYOUSUKE HIMURO LAST GIGS」の舞台裏が、26日20時よりWOWWOWで公開される。そのドキュメンタリーの模様を、古舘伊知郎アナウンサーがナレーターとして語る。

 氷室がライブ活動の無期限休止を宣言して開催された「KYOUSUKE HIMURO LAST GIGS」。WOWWOWはツアー初日の京セラドーム大阪から最終日の東京ドームまで、30万人以上を動員した熱狂の“LAST GIGS”に完全密着。リハーサルやバックステージまでラストステージに臨む氷室の姿を追った。

 この貴重なドキュメンタリーの語りは、古館アナウンサー。稀代のアーティスト、氷室京介がラストステージで何を思い、どのような生き様を示したのか、古館アナウンサーの語りに乗せてその姿を届ける。

最終更新:6月23日(木)18時4分

MusicVoice

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。