ここから本文です

浦和、6戦ぶり勝利 FC東京に3―2、一瞬逃さず李が逆転ゴール

埼玉新聞 6月23日(木)6時30分配信

 (最終日、22日・埼玉スタジアム)

 後半に3得点した浦和が2点差をはね返してFC東京に逆転勝ち。

 2点を追う後半21分、興梠の右クロスを槙野が頭で押し込んで1点差。27分には槙野のミドルシュートで同点。さらに33分、阿部のミドルが枠に跳ね返ったこぼれ球を李が押し込んで逆転した。

 前半はミスから先制点を奪われ、攻撃も好機を逃すなど良さがなかったが後半は意地を見せた。

■値千金の逆転弾/李

 泥くさい背番号20らしいゴールだった。2―2と同点の後半33分、阿部のミドルシュートがクロスバーに当たり、その跳ね返りに胸で反応した。「点を取ってチームを救えるような活躍を」と話していた通り、値千金の決勝弾がゴールに吸い込まれた。

 2試合ぶりの先発出場でその期待に満点回答。「勝負するときは勝負しないと点は取れない」と一瞬を見逃さなかった。「僕たちはまだ諦めていない。応援のおかげ」とサポーターへの感謝も忘れなかった。

最終更新:6月23日(木)7時48分

埼玉新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。