ここから本文です

富山市コンビニ強盗 強盗犯の男に懲役4年の判決/富山

チューリップテレビ 6月23日(木)0時42分配信

 今年4月、富山市のコンビニエンスストアで店員を脅し現金8万円を奪い取ったとして強盗などの罪に問われた男に判決です。
 富山地方裁判所はこの男に懲役4年の判決を言い渡しました。
 判決を受けたのは富山市新庄町の無職、荒木彰被告(44)です。
 判決によりますと荒木被告は今年4月11日、午前3時20分ごろ、富山市中市のセブンイレブン中市店で女性店員に折りたたみナイフを突きつけて脅し、現金8万円を奪ったとされています。
 22日の判決公判で富山地裁の後藤隆裁判官は、「他の客が帰るのを待つなど計画性があり悪質」と指摘した上で、「生活保護費を無計画に使い果たし、酌量の余地はない」として懲役5年の求刑に対し懲役4年の判決を言い渡しました。
 荒木被告の弁護人は控訴するか被告本人と話して検討するとしています。

チューリップテレビ

最終更新:6月23日(木)0時42分

チューリップテレビ