ここから本文です

波瑠主演ドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」主題歌は[Alexandros]の書き下ろし曲「Swan」。

E-TALENTBANK 6月23日(木)12時17分配信

[Alexandros]の2016年第2弾シングル「Swan」が8/24に発売されることが決定。合わせて新ビジュアルも公開された。

[Alexandros]は昨年3月のメジャーデビュー後、3枚のシングルをリリースしているが、全て地上波ドラマのタイアップがついており、またファッションブランド『GLOBAL WORK』のCM曲(未発売曲)や昨年3月に発売された『ワタリドリ』が『アサヒビール「アサヒ ザ・ドリーム」』のCMで使用され再び話題になるなど、ドラマ界CM界からも大注目されている。

今回のシングルの表題曲でもある「Swan」は、7/12(火)にスタートするカンテレ・フジテレビ系全国ネットのドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」の主題歌として書き下ろされたもの。

作詞作曲を行った[Alexandros]のVo.&Gt川上洋平は楽曲起用に関して、「今回のお話を頂いたその日に、早速原作を読破しました。食い入るように読むとはこの事で、曲作りもサボって読みふけってしまいました。ただ単に刑事もの、異常殺人もの、というだけでなく人間の心の奥深くにある善悪を問うような描写にページを追うごとにドキっとしてしまいました。これはドラマ化めちゃくちゃ難しいはず(笑)めちゃくちゃ楽しみです。と、自分達の曲のアピールも忘れるぐらいです。皆さん、是非お楽しみに。」とコメントしている。

また、ドラマのプロデューサー・河西秀幸(カンテレ)は主題歌に関して、次のように語っている。「ドラマONはスリリングな異常犯罪ミステリーで、[Alexandros]さんの楽曲との親和性が高いと直感で思い、今回主題歌をお願いさせていただきました。ドラマのために書き下ろして頂いたこの『Swan』を最初に聞いた時、サビのメロディがとにかく素晴らしく、直感が確信に変わりました。疾走感のある楽曲の中にも、ゆったりとしたテンポになる部分が組み込まれていて、さながらONとOFFの二面性がある主人公・比奈子のキャラクターと重なります。「刑事のスイッチがONになる時、SwanのリズムもONになる」と言える程のシンクロ感だと思います![Alexandros]さんの楽曲で、ドラマONはより面白くなること間違いなしです!絶賛撮影中の現場でも、この曲を励みにキャスト・スタッフ一丸となって頑張ります!是非、放送を楽しみにしてください! 」

また主演を務める波瑠は「主題歌「Swan」は、私が演じる藤堂比奈子が持つ二面性を想起される曲で、時に激しく、時に切なく、ドラマを盛り上げてくれます。ドラマと共にたくさんの人にこの曲が届くよう、撮影を頑張ってまいります。」とコメント。

シングルは全3曲収録予定で、初回限定盤、通常盤の2形態で発売。初回限定盤には今年3月に出演したアメリカのイベント「SXSW2016」をドキュメントタッチで収録したDVD付き。また札幌・東京・名古屋・大阪・福岡で行われるメンバー稼働イベントの参加方法を特典として封入。イベントの詳細は後日発表される。

[Alexandros]は今週末に、昨年日本武道館で行ったファン感謝祭的なライブ「Premium V.I.P. Party」を、自身初となる大阪城ホールで行う。

最終更新:6月23日(木)12時17分

E-TALENTBANK

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。