ここから本文です

トヨタ、ル・マン24時間レースでのストップ原因が明らかに

オートックワン 6/23(木) 17:55配信

TOYOTA GAZOO Racingが参戦していたル・マン24時間レースで、優勝目前となった最終盤、トップを快走していたTS050 HYBRID #5号車を突然襲ったトラブルの原因が判明した。

トヨタ、ル・マン24時間レースを写真で振り返る(画像39枚)

トヨタの発表によると、マシンがストップした原因は、ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合によるもので、これにより、ターボチャージャーの制御が失われたという。

不具合発生時、原因が特定されていない段階で、低下したエンジン出力を回復させるべく制御系の設定変更が試みられ、結果的には#5号車はファイナルラップを走り切ることはできた。

しかし、その対応には時間がかかり、規定されている6分以内にファイナルラップを終えることが出来なかったため、#5号車はリタイア扱いとなってしまい、悲願であったトヨタのル・マン初制覇は来年以降に持ち越しとなった。

このトラブルの真因については現在ドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツ有限会社(TMG)にて詳細を調査中とのこと。

尚、今回の原因が、WEC第2戦スパ6時間レースでのエンジントラブルとは無関係であることは明らかとなっているという。

トヨタは今後、同様のトラブルの再発防止のため、TMGで徹底的な原因究明調査を進めている。

最終更新:6/23(木) 17:55

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。