ここから本文です

クヴィトバ3回戦敗退、土居美咲の試合は翌日持越しに<女子テニス>

tennis365.net 6月23日(木)16時9分配信

AEGON国際女子

女子テニスツアーのAEGON国際女子(イギリス/イーストボーン、芝、WTAプレミア)は22日、シングルス3回戦が行われ、第5シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)は第11シードのJ・コンタ(英国)に7-5, 4-6, 6-0の逆転で敗れ、ベスト8進出を逃した。

この試合、第1セットを先取したクヴィトバだったが、第2セットを奪われると主導権を失い、ファイナルセットでは1ゲームも取れずに敗れた。

キャリア通算17度の優勝を誇るクヴィトバだが、今シーズンは未だタイトル獲得はなく、全豪オープンで2回戦敗退、全仏オープンで3回戦敗退など不本意なシーズンを送っている。

一方、勝利したコンタは準々決勝で、世界ランク34位のA・ペトコビッチ(ドイツ)と同39位のE・マカロバ(ロシア)の勝者と対戦する。

また、同日行われていた世界ランク49位の土居美咲(日本)と第10シードのKa・プリスコバ(チェコ共和国)の試合は、土居から2-6, 3-4の15-0の状態でサスペンテッドとなり、翌日に持ち越しとなった。

tennis365.net

最終更新:6月23日(木)16時9分

tennis365.net