ここから本文です

オリラジ藤森が渾身の土下座披露!?ジャスティン・ビーバーの日本版MV出演で日米チャラ男が夢のコラボ。

E-TALENTBANK 6月23日(木)18時12分配信

昨年発売された最新アルバム『パーパス』が世界100の国と地域のiTunesトップアルバムランキングで1位を獲得し、今年開催された第58回グラミー賞で自身初受賞を果たすなど、世界的スーパースターとしてその存在感を発揮し続けているジャスティン・ビーバー。8月に来日公演を行うことでここ日本でも話題となっているが、このたびそのジャスティンのヒット曲「Sorry」の日本版ミュージック・ビデオが解禁となった。

同ビデオにはお笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾が出演。かねてからジャスティン・ビーバーのファンを公言し、自身のファッションもジャスティンを真似ているという藤森は、今回の撮影に関して「もう光栄です!あのー、大好きなんで。まさかこんなお話をいただけるなんて。もう飛び跳ねて喜びました。いやマネージャーに3回ぐらい確認しましたね。」と興奮気味に語った。

ビデオでは藤森の他に19名のダンサーも出演し、謝罪ポーズとダンスを融合させた様々な“Sorryダンス”が総勢20名によって披露されている。このビデオの見どころについて、「本格的なダンスをしつつ、ストーリー性のある、ちょっとニヤけてしまうような、そんなシチュエーションもあって、見どころ満載だと思います。」とコメントし、自身も披露した謝罪ポーズについては「そうですね、過去に自分が土下座したことを思い出せば、自然と、はい。上手くできたなぁと、思います。初めてじゃないので。ごめんっていうのはね。はい、それを思い出してやりました。」と、チャラ男らしい(?)コメントで現場を和ませる場面も。藤森渾身の“Sorryダンス”はぜひビデオ本編でチェックして欲しい。

ジャスティン・ビーバーは8月13日(土)、14日(日)に幕張メッセでの来日公演が決定しており、チケットは今週末一般発売。更に来日を記念して、昨年発売のアルバムにさらに特典を追加した豪華版『パーパス~ジャパン・スーパー・デラックス・エディション』、および2013年に配信限定で発売されたアルバム『ジャーナルズ』が7月22日(金)に発売されることも決定している。

最終更新:6月23日(木)18時12分

E-TALENTBANK