ここから本文です

試合観戦が健康に繋がる!? 歩数計スマホアプリ「パ・リーグウォーク」とは

Full-Count 6月23日(木)16時44分配信

今季からスタートした「パ・リーグウォーク」開発にかける想い

 今シーズンより、パ・リーグ6球団とパシフィックリーグマーケティング株式会社(6球団共同出資会社/PLM)は、「国民みんなの健康を実現すること」をビジョンに掲げ、歩数計スマホアプリ「パ・リーグウォーク」をスタートした。「パ・リーグウォーク」とは、球場で試合観戦することがファンの健康につながることをメッセージとしている。

過去10年の各球団ドラフト指名選手一覧

 日常生活では歩数計アプリとして機能し、日々の歩数に応じて多く歩いた人をMVPとして表彰する。また試合日では、自らが応援する球団対抗でファンの合計歩数を争うなどのゲーミフィケーション機能を設けている。

 なぜ球場で試合観戦することが健康に繋がるのか、企画者の一人であるPLMマーケティング室リーダーの荒井勇気氏に聞いてみた。

「人によって生活行動は異なりますが、基本的には球場で試合観戦する行動は、日常生活よりも多く歩くと考えています。理由は、自宅から最寄り駅までや乗り換え時、また球場へ到着してからの座席へ着くまでや飲食やグッズの購入時など、移動の機会が非常に多いからです。そして歩くことが健康につながる、という点については、共同企画者であるハーバード公衆衛生大学院のラボで研究する鎌田氏によると、歩くという行動は最も万人に共通する運動であり、運動することは病気予防の観点で重要なファクターである、とされているからです」

 アイデアや考え方は十分に理解できるが、それらのことを実際の形にするのは物理的困難が生じたり、時間がかかったりするのではないか。そのような推測を解決したのが、PLMがサンフランシスコで出会ったベンチャー企業KiNE創設者の平山太朗氏だった。

「継続的にやっている行動を、健康を切り口として野球観戦と結び付けられるのではないか」

「日本で出来ないことを米国でやる。法律の問題などもあり、スタートアップ企業に対して国内のベンチャーキャピタルは機能していない。でも、スマホアプリなどのソフトウェア投資は少額で出来る。例えば500万円でもワークすることができる。不動産などと比較しても、こんなに容易に参画できる投資分野は他にはない。

 国内のソフトウェア投資市場は活性化していなかったので、サンフランシスコやシリコンバレーに興味があった。実際に現地へ行くと、ハッカソンやミートアップを日本とは比較にはならないくらいに圧倒的な数で行っていた。でもフェイスブックなどの大企業がいきなり出てくるかはよく分からなかった。現地で気付いた最大の問題点は、ベンチャーキャピタルや個人投資家がどこに投資すればよいのかが分からないこと。なぜなら、既にユーザーが大勢ついているビジネスはあまりないから」

 そのように考えていた平山氏は、PLMと出会って「パ・リーグウォーク」構想の会話をした際にこう感じたと言う。

「パ・リーグは、既に1000万人規模のファンマーケットが存在している。この大勢のファン(ユーザー)に対して何かできないかを考えたほうが、やみくもに新規事業をスタートさせるよりも建設的である。そもそもPLMが抱えている課題、新しいプロ野球ファンを増やすことを、新たな切り口で課題解決できるのではないか。毎日継続的にやっている行動を、健康を切り口として野球観戦と結び付けられるのではないか。ここが出発点だった」

 昨年夏に「パ・リーグウォーク」構想がスタートし、2016年開幕に合わせた開発プロジェクトが動き出した。平山氏は、PLMやハーバードの人たちと何度も電話会議を行い、時にはハーバード大学院があるボストンへ渡米した。その結果、短期間でスマホアプリの骨子をまとめて、何とか開幕に合わせてサービスをローンチすることができた。

1/2ページ

最終更新:6月23日(木)17時28分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。