ここから本文です

山口組系組長ら7人逮捕 八潮の神戸山口組系組長宅に発砲の疑い

埼玉新聞 6月23日(木)23時30分配信

 埼玉県八潮市で今年2月、指定暴力団神戸山口組系組長の自宅に銃弾が撃ち込まれた事件で、県警捜査4課と草加署の特別捜査班は23日、銃刀法違反(発射)と建造物損壊の疑いで、神奈川県内の指定暴力団山口組弘道会系組長や組幹部、組員ら男女7人を逮捕。組事務所など関係先三十数カ所を家宅捜索した。

 逮捕されたのは、神奈川県厚木市妻田東2丁目、山口組系組長の無職吉田信夫容疑者(52)ら同じ組の6人を含む7容疑者。県警は山口組と神戸山口組の対立抗争を視野に約170人態勢で捜査していた。ほかにも複数人が関与していたとみて順次逮捕し、事件の全容解明を進める方針。

 逮捕容疑は共謀して2月27日午後8時45分ごろ、八潮市西袋の神戸山口組系組長(67)の自宅に向けて拳銃を発射し、外壁などを損壊した疑い。防犯カメラの映像などから浮上したという。県警は7人の認否を明らかにしていない。

 同課によると、発砲事件のあった27日は厚木市の山口組系関連の建物にトラックが突っ込んだほか、東京都内で神戸山口組系組員が複数の男に襲撃される事件が発生。県警はこれらの事件にも吉田容疑者らが関与しているとみて捜査する。

 県内では3月、行田市の山口組系組事務所に火炎瓶のようなものが投げ込まれ、同じ日に熊谷市の駐車場で山口組系組幹部が使用していた乗用車のボンネットが燃える事件が発生しており、県警は関連を調べている。

最終更新:6月24日(金)1時19分

埼玉新聞