ここから本文です

【MLB】イチロー独自の技術は「並大抵ではない」 地元メディアは四球増加にも注目

Full-Count 6/23(木) 22:02配信

今季は04年を上回る出塁率.422、「バットが振れているだけではなく、四球も増えている」

 マーリンズのイチロー外野手は22日(日本時間23日)、本拠地でのブレーブス戦に「1番・ライト」で3試合連続先発出場し、2試合連続安打をマークした。4打数1安打でメジャー通算2983安打として、3000安打へ残り17本。今季は打率.350、出塁率.422と好調を維持している。地元メディアは、イチローの四球数が増加していることに注目。その圧倒的な打撃技術とともに、打席の内容を改めて称賛している。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 イチローはこの試合、2回の第2打席で相手先発ガントの75マイル(約121キロ)のカーブをセンター前に運んだ。さらに、3点リードの5回には2死二塁でガントの右翼ファウルゾーンへと切れていく打球を鮮やかなスライディングキャッチ。攻守両面で見せ場を作り、3-0での勝利に貢献した。

 巧みなバットコントロールで中前打を放った2回の打席では、マイアミで試合を中継した「FOXスポーツ・フロリダ」の実況が、好調を維持するイチローの打席内容に今季は変化が見られると指摘。「昨年と比べ、バットがよく振れているだけではなく、四球も増えています。ボールを多少選ぶようになっていきているようです」と話した。

 イチローはこの試合では無四球も、20日(同21日)のロッキーズ戦で2四球を選ぶなど、21日(同22日)のブレーブス戦までは出場3試合連続四球。6月は打率4割というハイレベルな数字に加え、出塁率も.483と更に成績を上げてきている。イチローがキャリア最高の出塁率を記録したのは、メジャー記録のシーズン262安打を記録した2004年。その時の.414を上回る.422という出塁率を今季は現時点でマークしている。

圧倒的な打撃技術も健在、「教科書通りの打ち方ではない。これは彼独特のスタイル」

 この試合で解説を務めたマーリンズOBのジェフ・コーナイン氏も、イチローの四球数が増加していることに言及。昨年は438打席で31四球(約14打席で1四球)だったが、今季は154打席で17四球(約9打席で1四球)となっていることに触れ、「彼はボールをよく見るようになりました」と話した。リードオフマンとして、大きな役割を果たしていることは確かだ。

 もちろん、圧倒的な打撃技術も健在。この打席では、初回の第1打席で二ゴロに打ち取られたカーブをしっかりと捉え、ライナーでセンター前に運んだ。コーナイン氏はこのヒットを見ると、イチローの“唯一無二”の打撃スタイルについても解説した。

「彼が打席でどれくらい前に移動しているか見てください。しかし、彼の腕はしっかりと後ろに残っています。そして、打球が前に飛ぶとバッターボックスから飛び出していきます。

 教科書通りの打ち方ではありません、これは彼独特のスタイルです。この一連の動きの中では目と手を協調させる必要があり、さらにボールに向かって移動していきます。並大抵のことではありません」

 マーリンズで2度のワールドシリーズ制覇に貢献した名選手も、イチローがメジャーで称賛を浴びてきた「ハンド・アイ・コーディネーション」について、改めて脱帽している。

 3000安打の金字塔へ向け、イチローの勢いは衰えることがない。最高の技術でヒットを積み重ね、さらに四球もしっかりと選び、リードオフマンとして出塁を続ける。出場機会が訪れれば黙々と自分の仕事をこなす4番手外野手のチームへの貢献度は高い。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:6/24(金) 13:13

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。