ここから本文です

スウェーデン“王”の代表キャリアが終了 指揮官「彼のような選手はもう二度と現れない」

theWORLD(ザ・ワールド) 6月23日(木)17時0分配信

残念すぎる最後に

スウェーデン代表を率いるエリック・ハムレン監督がエースのラストマッチが敗戦で終わってしまったことは悔やんでいるようだ。

先日、今大会が代表での最後の戦いになることを明かしたスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。そのため、22日のベルギー戦でも逆転突破をかけて勝利を目指したが、結果は0-1の敗戦。これにより、イブラヒモビッチの代表キャリアは幕を閉じた。試合後ハムレン監督が失望のコメントをしている。米『ESPN』が伝えた。

「ズラタンにはもっといい終わり方を期待していた。同じことがイサクソンとシェルストレムにも言える。彼らは長くスウェーデン代表に貢献してきたんだからね。我々は試合前からスウェーデンを背負うことやここにいる意味について話していた。試合には負けたが彼らのことを誇りに思うよ」

また、スウェーデンに第二のイブラヒモビッチが現れるかという質問には「いや、彼は特別で唯一無二だ。スウェーデンのような小国にまた彼のような選手が現れるとは思えない」と否定した。

クラブでは華々しいキャリアを送ってきたイブラヒモビッチはついに代表ではビッグタイトルを獲得することはかなわなかった。それでも彼が代表で挙げた数多くのスーパーゴールを誰も忘れることはないだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:6月23日(木)17時0分

theWORLD(ザ・ワールド)